2022年度 大学院教育要項
273/430

授業回1授業計画担当者授業内容授業方法 *予習・復習・レポート課題等と学習時間* アクティブラーニングの要素を取り入れている場合、その内容を明記(PBL、反転授業、グループワーク、討議、発表等)佐藤まゆみ池田恵田中朋子西本佳代髙梨奈保子1.実習時期1年次2月〜3月のうち、臨床の状況にあわせて2週間2.実習施設虎の門病院,船橋市立医療センター各病院の集中治療室3.実習方法① 臨地実習指導者、看護師長、指導教員の指導を受けながら実習計画を立案する。② 集中治療室入院中の患者のうち、複雑な病態の患者やスタッフ看護師が対応に困難を感じる患者及びその家族を受け持つ。③ 医師の診療場面を見学し、医師の診療プロセス,治療計画の立案方法,身体・治療管理方法等について学ぶ.④ 患者及びその家族の身体的・心理社会的状態及び患者や家族が置かれている治療環境についてアセスメントを行う。⑤ 研究成果や諸理論を活用して、上記③④に基づき看護ケア(ケアとキュアを融合させた看護,苦痛の緩和など)を計画立案し、実践し評価する。⑥ 学生は臨地実習指導者から随時指導をうける。また、学生は臨時実習指導者及び指導教員に対し実習記録を提出し指導をうける。⑦ 学生は、中間カンファレンスと最終カンファレンスを計画する。中間カンファレンスでは、受け持ち事例の検討を行い、最終カンファレンスでは、CCNSとしての自己の課題を含め実習目標への到達度について評価し、臨地実習指導者及び指導教員から助言を受ける。⑧ 実習終了後、実習の到達度について自己評価を行い、自己評価結果をもとに教員と相互評価を行う。また、実習終了後1週間以内に課題レポートを提出する。4.実習指導者指導教員   :佐藤まゆみ,池田恵、田中朋子臨地実習指導者:西本佳代(虎ノ門病院,CCNS)         髙梨奈保子(船橋市立医療センター,CCNS)        実習施設の関連部署の医師及び看護師長 他実習各回ともに実習内容について予習90分、復習90分- 271 -

元のページ  ../index.html#273

このブックを見る