2022年度 大学院教育要項
279/430

開講学期通年単位数4単位代表教員高谷真由美・長瀬雅子ナンバリング科目名演習(慢性看護CNS)必修・選択選択英語科目名Seminar-CNS in Chronic Illness and Conditions Nursing対象学年1年授業の位置づけ慢性看護専門看護師になるために必要な科目である。前期はアセスメントを中心に、後期は介入方略を中心に論文購読、フィールドワークなどを通じて学び、サブスペシャリティに必要となる能力や実践上の課題を明確にする。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP3-高度な看護実践、研究・教育活動を通して国際的・社会的に貢献できる能力学修上の注意・関心領域におけるヘルスアセスメント論文をクリティークしておく。・ヘルスアセスメントについてシミュレーターを活用して予習・復習を行い、疑問点・技術習得上の自己の問題点を確認しておく。・関心分野のアセスメントツールの活用について文献検討を行い、プレゼンテーションの準備をする。・慢性病を持つ人の複雑さを捉えるアセスメントにおける今後の課題について検討し、レポートする。・慢性病を持つ人の支援技術に関する文献をクリティークしておく。・慢性病を持つ人とのコミュニケーションにおける自己の課題を明らかにしておく。・患者教育のロールプレイをするための準備をする。・症状マネジメント・モデルの活用、心理的、行動療法的アプローチ、補完・代替療法について討議のための準備をする。・ナラティブアプローチの習得とCNSの支援技術の見学計画を立案し、研修先に受け入れを交渉する。・CNSの支援技術の見学とナラティブアプローチを用いた慢性疾患患者と面接結果を記述し、プレゼンテーションするための準備をする。・看護の高度実践における卓越した支援技術について、演習・文献等を用いて検討する準備をし、検討事項をレポートする。担当教員授業概要全体内容慢性病を持つ人および家族の変化する状態をとらえるため身体心理社会面、治療や生活への影響を含めた包括的アセスメントに必要な理論や実践的技術をするとともに、アセスメント上の課題を探求する。さらに、慢性病を持つ人への支援技術と評価方法の理論と実際を検討し、革新的方策を探求する。到達目標<前期>1. 慢性病を持つ人々に対するヘルスアセスメントの必要性を説明できる。 2. 慢性病を持つ人々に対するヘルスアセスメントが実施できる。3. 関心領域に必要とされるアセスメントツールを活用することの説明ができる。4. 慢性病を持つ人々のアセスメントにおける今後の課題を考えることができる。<後期>1. 慢性病を持つ人の行動変容を促す教育の理論と方法について説明できる。2. 慢性病を持つ人の症状マネジメントに必要な支援が説明できる。3. 慢性病を持つ人のケアに必要なコンサルテーション、コーディネーション技法について討議できる。4. 慢性病を持つ人の支援技術を事例に応用することができる。5. 慢性病を持つ人々への支援技術提供における今後の課題を検討できる。高谷真由美、長瀬雅子、樋野恵子、坂本亜弓、北村幸恵、瀬尾昌枝、鵜澤久美子、小崎綾子、瀬尾昌枝授業形態演習各回の担当教員がその都度フィードバックする。また、レポート内容について個別にコメントする。成績評価の方法評価方法 事前準備(20%)、プレゼンテーション(30%)、討議(30%)、レポート(20%)評価基準1. 慢性病を持つ人々に対するヘルスアセスメントの必要性を説明できる。 2. 慢性病を持つ人々に対するヘルスアセスメントが実施できる。3. 関心領域に必要とされるアセスメントツールを活用することの説明ができる。4. 慢性病を持つ人々のアセスメントにおける今後の課題を考えることができる。5. 慢性病を持つ人の行動変容を促す教育の理論と方法について説明できる。6. 慢性病を持つ人の症状マネジメントに必要な支援が説明できる。7. 慢性病を持つ人のケアに必要なコンサルテーション、コーディネーション技法について討議できる。8. 慢性病を持つ人の支援技術を事例に応用することができる。9. 慢性病を持つ人々への支援技術提供における今後の課題を検討できる。試験・課題に対するフィードバック方法※…実務家担当教員関連科目慢性看護学特論Ⅰ〜ⅤCNS共通科目先修要件慢性看護学特論Ⅰ〜Ⅴを履修していること- 277 -

元のページ  ../index.html#279

このブックを見る