2022年度 大学院教育要項
281/430

開講学期後期単位数4単位代表教員大月 恵理子ナンバリング科目名演習(ウィメンズヘルス看護CNS)必修・選択選択英語科目名Seminar-CNS in Women's Health Nursing対象学年1年担当教員授業概要全体内容・女性の健康問題を診断するためのフィジカルアセスメント・メンタルヘルスアセスメントの技法を学ぶとともに、健康問題の特殊性、必要な検査、治療、薬物療法についての理解を深める。複雑で解決困難な健康問題を持つ女性に対するエビデンスに基づく高度看護実践を学ぶ。女性の健康問題における倫理的問題への対応および関連する職種間の調整、ケア提供者からの相談や教育の役割を学び、リーダーシップを発揮できる能力を養う。・多様なヘルスケアニーズをもつライフサイクル各期の集団に対する理論に基づいた健康教育の実際を学ぶとともに、健康教育活動の立案・評価ができる。・女性の健康問題の予防・快復や健康教育の推進にむけ、社会政策への参画の方法が考察できる。また、女性の特定な健康問題の予防・快復や、健康教育の開発・促進等に対する母性看護専門看護師に求められる実践・倫理調整・調整・相談・研究活動の役割を総括として考察できる。到達目標1. 女性の健康問題を診断するためのフィジカルアセスメント、メンタルヘルスアセスメントの技法を事例によるシミュレーション学習等により修得できる。2. 女性の健康問題の特殊性、検査、医学的診断、治療、薬物療法の実際が理解できる。3. 女性の健康問題を診断し、エビデンスに基づく看護プランが立案できる。4. 複雑で解決困難な健康問題を持つ女性への高度看護実践にむけて、エビデンスに基づいた看護ケアを立案、実践、評価できる。5. 女性医療や看護実践における倫理的問題の判断と倫理的調整力が習得できる。6. 女性の健康問題の解決にむけ、母性看護専門看護師として多職種間連携の役割を調整する力を学ぶ。7. 看護実践場面におけるケア提供者からの相談やケア向上のための教育的役割が考察できる。8. 多様なヘルスケアニーズをもつライフサイクル各期の集団に対して、理論に基づく健康教育を立案し、評価できる。9. 文献検討と討論により、女性の健康問題を予防・解決するための社会政策への参画の方法を提案・考察できる。10. 討議により、女性の各ライフサイクルにおける健康問題の予防・快復や、健康教育の開発・促進等に求められる母性看護専門看護師としての実践・倫理調整・相談・調整・教育・研究活動について、総括・考察できる。大月恵理子※、青柳優子※、増田美恵子※、森田亜希子※、菅原淳※授業形態演習※…実務家担当教員成績評価の方法評価方法レポート(25%)、プレゼンテーション(25%)、演習態度(25%)、討議(25%)評価基準1. 女性の健康問題を診断するためのフィジカルアセスメント、メンタルヘルスアセスメントの技法をフィールドワークおよび事例によるシミュレーション学習等により修得できたか。2. 女性の健康問題の特殊性、検査、医学的診断、治療、薬物療法の実際が説明できるか。3. 女性の健康問題を診断し、エビデンスに基づく看護プランが立案できるか。4. 複雑で解決困難な健康問題を持つ女性への高度看護実践にむけて、エビデンスに基づいた看護ケアを立案、実践、評価できるか。5. 女性医療や看護実践における倫理的問題の判断と倫理的調整力が習得できているか。6. 女性の健康問題の解決にむけ、母性看護専門看護師として多職種間連携の役割を調整する力を学べているか。7. 看護実践場面におけるケア提供者からの相談やケア向上のための教育的役割が考察できるか。8. 多様なヘルスケアニーズをもつライフサイクル各期の集団に対して、理論に基づく健康教育を立案し、評価できるか。9. 文献検討と討論により、女性の健康問題を予防・解決するための社会政策への参画の方法を提案・考察できかるか。10. 討議により、女性の各ライフサイクルにおける健康問題の予防・快復や、健康教育の開発・促進等に求められる母性看護専門看護師としての実践・倫理調整・相談・調整・教育・研究活動について、総括・考察できるか。試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけウィメンズヘルス看護学特論他各分野の特論と並行し、健康問題を有する女性に対する援助の実際を学び、ウィメンズヘルス看護学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲにつなげるディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP3-高度な看護実践、研究・教育活動を通して国際的・社会的に貢献できる能力学修上の注意ウィメンズヘルス看護学特論Ⅲ・Ⅳ・Ⅴの学習内容を活用する。演習する施設の概要および診療内容を事前に調べて、演習計画に反映させる。講義前に指定する課題を学習して講義に参加する。関連科目ウィメンズヘルス看護学特論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ、ウィメンズヘルス看護学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、課題研究先修要件ウィメンズヘルス看護学特論Ⅰ〜Ⅴを履修していること特に指定しない参考文献提出された課題・レポートをもとに科目責任者と面接するテキスト書名著者出版社ISBN備考随時指示する- 279 -

元のページ  ../index.html#281

このブックを見る