2022年度 大学院教育要項
282/430

授業回1〜23〜78910〜151617〜2122〜282930備考授業計画担当者授業内容授業方法 *予習・復習・レポート課題等と学習時間その他連絡先・オフィスアワー質問・相談は科目責任者にメールにて行う。面接が必要な場合は,メールにてアポイントをとり,行う。科目責任者:e.otsuki.up@大月恵理子女性の各ライフステージの健康問題に対する介入方法と効果に関するエビデンス発表、討議各回予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。大月恵理子青柳優子女性の健康問題に対する看護ケアを実践するための技術相談・カウンセリング技法シミュレーション学習、発表、討議各回予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。大月恵理子森田亜希子アセスメント技法と健康評価(シミュレーション学習)女性のフィジカルアセスメント女性のメンタルヘルスアセスメント事例に基づくシミュレーション学習とリフレクション各回予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。菅原淳大月恵理子女性の健康問題の特殊性、検査、医学的診断、治療、薬物療法の実際(臨床講義,フィールドワーク)・産後の排尿障害、更年期障害・月経関連のメンタル障害、育児不安、産後うつ、更年期うつフィールドワークの成果をプレゼンテーションし,ディスカッションする・事例におけるフィジカルアセスメント・事例におけるメンタルアセスメント・事例における看護プランの立案・実施各回予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。大月恵理子森田亜希子女性の各ライフサイクルにおける健康教育のプログラムの実際発表、討議各回予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。大月恵理子増田恵美子集団を対象とした女性の健康教育女性の健康課題をテーマとした健康教育を立案し,実施,評価する各回予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。大月恵理子青柳優子森田亜希子女性の健康問題に対する看護プランの実施と評価・高度実践・倫理的課題判断と倫理調整・コーディネーションフィールドワークでの実践とその成果の発表、討議各回予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。大月恵理子女性の各ライフサイクルにおける健康教育と母性看護専門看護師の役割発表、討議各回予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。大月恵理子女性の健康問題を予防・解決するための社会政策の起案発表、討議各回予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。大月恵理子母性看護専門看護師に求められる役割(実践、調整、倫理調整、相談・教育・研究)の総括発表、討議各回予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。* アクティブラーニングの要素を取り入れている場合、その内容を明記(PBL、反転授業、グループワーク、討議、発表等)- 280 -

元のページ  ../index.html#282

このブックを見る