2022年度 大学院教育要項
302/430

開講学期1,2年次/通年単位数4単位代表教員高谷真由美・長瀬雅子ナンバリング科目名課題研究(慢性看護CNS)必修・選択選択英語科目名Assignment Research-CNS in Chronic Illness and Conditions Nursing対象学年1年担当教員授業概要全体内容慢性病をもつ人々の複雑で解決困難な課題に対する看護実践を通して、家族の身体的・心理的・家族的・社会的な問題、治療環境整備に関する問題の解決に向けた研究課題を明確にする。研究課題の解明にむけて臨床実践の場で看護介入を行い、得られたデータを分析し、その成果をまとめるという過程を通して、実践に活用できる研究能力を身に付ける。1.研究課題の明確化慢性病を持つ人々および家族に対する看護実践の中から、患者および家族の身体的・心理的・家族的・社会的な問題、治療環境整備に関する問題の解決に向けた研究課題を明確にする。2.研究計画書の作成3.研究計画に基づくデータ収集あるいは技術開発4.データの分析・技術開発経過のまとめと考察5.臨床適用の検討6.論文の提出7.論文内容の審査8.論文内容の発表到達目標文献検討のあり方について説明できる。各自の課題について倫理的配慮を踏まえた研究計画を作成することができる。研究計画に基づいたデータ収集、技術開発を実践できる。結果を論文化するとともに、効果的にプレゼンテーションすることができる。研究を実践に活用するための研究への取り組み姿勢を示すことができる。髙谷真由美、長瀬雅子授業形態演習※…実務家担当教員授業の位置づけ慢性看護学特論Ⅰ~Ⅴ、CNS演習等で活用した既存の文献や内容についての討議から、実践の改善や問題解決の手がかりとなる研究とはどのようなものかを考え、自己の研究課題や研究方法の探求につなげていく。研究活動と実践のつながりを考えながら研究プロセスを学び、研究を通して得られた新たな知見や経験をCNS実習に活用する。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP1-看護学の専門分野に関する研究に高い倫理観をもって取り組む研究能力DP3-高度な看護実践、研究・教育活動を通して国際的・社会的に貢献できる能力学修上の注意・研究協力施設・協力者への交渉を行う。 ・成果を関連学会への発表するための準備を行う。関連科目看護学研究方法論慢性看護学特論Ⅰ〜Ⅴ演習先修要件なし- 300 -

元のページ  ../index.html#302

このブックを見る