2022年度 大学院教育要項
311/430

授業回1~451~451~45試験・課題に対するフィードバック方法参考文献修士論文提出後に主査・副査より指導する。修士論文発表会にて成果発表・質疑応答を行う。テキスト書名著者出版社ISBN備考後日連絡備考なし授業計画担当者授業内容授業方法 *予習・復習・レポート課題等と学習時間演習各回予習90分、復習90分岡本隆寛精神障害者のリカバリーを促進するための精神保健福祉医療の現状と課題、改善策について検討を進め、自己の研究課題を明確にし、研究計画、論文作成までの指導を行う。演習各回とも予習90分、復習90分* アクティブラーニングの要素を取り入れている場合、その内容を明記(PBL、反転授業、グループワーク、討議、発表等)指導者の指示によるその他連絡先・オフィスアワー各指導者から直接確認のこと立石彩美履修者が関心を持つメンタルヘルスに関するテーマについて、海外・国内の文献検討を十分に行い、研究課題を絞り、研究計画を立案、調査を実施、分析、結果をまとめ、論文として発表できるように、指導を行う。研究者としての姿勢、倫理的行動、対象施設、対象者との関係性の構築、についても学びながら、基礎的な研究能力を修得する。演習各回とも予習90分、復習90分水野恵理子後日連絡する- 309 -

元のページ  ../index.html#311

このブックを見る