2022年度 大学院教育要項
312/430

開講学期1,2年次/通年単位数4単位代表教員髙山 京子ナンバリング科目名課題研究(がん看護CNS)必修・選択選択英語科目名Assignment Research-CNS in Cancer Nursing対象学年1年担当教員授業概要全体内容自身の専門領域に関わるがん患者とその家族の抱えている看護上の問題を取り上げ、現実の看護現象を通して実証的に研究を行う能力を養う。1.課題の明確化・緩和ケア、終末期、がん性疼痛、化学療法、放射線療法、の看護についての課題2.研究計画書の作成3.研究計画書に基づくデータ収集4.調査結果の科学的分析5.調査結果の論理的考察6.論文の提出7.論文内容の審査8.論文内容の発表到達目標1.専門領域に関わるがん患者とその家族の抱えている看護上の問題に即して、研究計画書を作成できる。2.研究計画書に基づいて、データを収集し、結果の分析・考察を行って、論文として記述できる。髙山京子※授業形態演習※…実務家担当教員授業の位置づけこれまでのがん看護実践やがん看護学特論Ⅰ〜Ⅴおよび演習(がん看護CNS)を基盤として、がん看護領域の課題に関してテーマを設定し、研究計画書を作成、発表した上で研究を遂行し、論文を完成させる。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP1-看護学の専門分野に関する研究に高い倫理観をもって取り組む研究能力DP3-高度な看護実践、研究・教育活動を通して国際的・社会的に貢献できる能力学修上の注意ゼミ形式で授業を行うため、毎回ゼミ資料を作成する。成績評価の方法評価方法修士論文(50%)、口頭試問(50%)で評価する。評価基準・問題意識が明確でテーマ設定は適切か・テーマに見合った方法論が選択されているか・与えられた情報や仮定から、結論を導き出す過程に問題点は見られないか・明解性・一貫性・論理性のある論旨が展開されているか・文章力・読解力・自己表現力があるか関連科目がん看護学特論Ⅰ〜Ⅴ、演習(がん看護CNS)先修要件なし- 310 -

元のページ  ../index.html#312

このブックを見る