2022年度 大学院教育要項
316/430

開講学期1,2年次/通年単位数4単位代表教員湯浅 美千代ナンバリング科目名課題研究(高齢者看護CNS)必修・選択選択英語科目名Assignment Research-CNS in Gerontological Nursing対象学年1年担当教員授業概要全体内容看護援助が必要な高齢者とその家族がもつさまざまな問題、臨床の場で取り組む必要がある改善課題、技術開発、看護職をはじめとする医療チームの問題などから、看護の発展に寄与する課題に焦点をあて、研究課題として明確化し、探索するプロセスを通して、実践の場で活用できる研究能力を修得する。到達目標高齢者とその家族に提供されている看護の実践上の課題から、テーマを明確にし、研究計画をたて、それに基づいてデータ収集、分析を行い、論文として記述できる。湯浅美千代※、島田広美※、杉山智子※授業形態演習※…実務家担当教員試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ自身の実務経験ならびに各分野の特論および演習(高齢者看護CNS)を基盤とし、高齢者を看護する場で課題解決が必要なテーマを取り上げ、研究計画書を作成、発表した上で研究を遂行し、論文を完成させる。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP1-看護学の専門分野に関する研究に高い倫理観をもって取り組む研究能力DP3-高度な看護実践、研究・教育活動を通して国際的・社会的に貢献できる能力学修上の注意・学生のテーマにより、複数の教員での指導体制をとる。・1年次前期は研究計画書作成に向け、関連文献のレビュー等を行い、月1〜2回程度ゼミ形式で発表し、内容を検討する。・1年次後期は研究計画書の提出にむけ、月1〜2回程度のゼミでの発表に加え、個別指導を行う。・2年次は、高齢者看護学実習Ⅰ・Ⅱと並行して研究を遂行するため、計画的に行うこと。 研究の進捗に合わせ、個別指導を行う。 月1〜2回程度ゼミ形式で進捗状況を報告し、内容を検討する。成績評価の方法評価方法修士論文(50%)、口頭試問(50%)評価基準・明確な問題意識と適切なテーマ設定・テーマに見合った方法論の選択・適切なプロセスによる結論の導出・論旨の明解性・一貫性・論理性・論文における文章力・読解力・自己表現力関連科目高齢者看護学特論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ、演習(高齢者看護CNS)先修要件高齢者看護CNS選択者のみ受講可参考文献修士論文提出後に主査・副査より指導する。修士論文発表会にて成果発表・質疑応答を行う。テキスト書名著者出版社ISBN備考テキストは用いない参考文献は適宜紹介する。- 314 -

元のページ  ../index.html#316

このブックを見る