2022年度 大学院教育要項
318/430

開講学期1,2年次/通年単位数4単位代表教員佐藤 まゆみナンバリング科目名課題研究(急性・重症患者看護CNS)必修・選択選択英語科目名Assignment Research-CNS in Critical Care Nursing対象学年1年担当教員授業概要全体内容クリティカルな状況にある患者とその家族が抱える問題、クリティカルケア看護の充実のために取り組む必要のある看護職者や医療チーム、あるいは組織の問題などを研究課題として設定し、研究プロセスに沿って研究を行うことを通して、実践の場で活用できる研究能力を修得する。到達目標1.文献検討等をもとに研究課題を明確にすることができる2.研究計画を立案し、研究計画書を作成することができる3.研究計画に基づきデータを収集することができる4.収集したデータを分析することができる5.分析結果に基づき論理的に考察することができる6.上記1〜6のプロセスを論文にまとめることができる7.論文内容を公表/発表することができる佐藤まゆみ※授業形態演習※…実務家担当教員試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけこの科目は「専門科目」に位置づけられる。自身の実務経験ならびにクリティカルケア看護学特論や演習(急性・重症患者看護CNS)を基盤に学修する。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP1-看護学の専門分野に関する研究に高い倫理観をもって取り組む研究能力DP3-高度な看護実践、研究・教育活動を通して国際的・社会的に貢献できる能力学修上の注意・ゼミを通した指導と個別指導を組み合わせて指導する。・ゼミの際には毎回ゼミ資料を作成してゼミに臨むこと。・クリティカルケア看護学実習と併行して研究を行うことになるため、計画的にすすめること成績評価の方法評価方法課題研究への取り組み状況30%、課題研究論文70%により評価する評価基準1.文献検討等をもとに研究課題を明確にすることができる2.研究計画を立案し、研究計画書を作成することができる3.研究計画に基づきデータを収集することができる4.収集したデータを分析することができる5.分析結果に基づき論理的に考察することができる6.上記1〜6のプロセスを論文にまとめることができる7.論文内容を公表/発表することができる関連科目クリティカルケア看護学特論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ、演習(急性・重症患者看護CNS)、クリティカルケア看護学実習Ⅰ・Ⅱ先修要件急性・重症患者看護CNSコースの学生のみ受講可。参考文献ゼミや個別指導の際に指導を行う。修士論文提出後には主査・副査より指導する。テキスト書名著者出版社ISBN備考なし参考文献はその都度提示する。- 316 -

元のページ  ../index.html#318

このブックを見る