2022年度 大学院教育要項
328/430

医療看護学研究科 博士後期課程 ディプロマポリシーと各授業科目との関連1.高い学識及び高度な専門知識・実践能力に基づき、新たな理論構築や看護ケアの開発ができる研究能力2.卓越した専門性と倫理観、責任感を有し、指導者、管理者、教育者、研究者として学際的・国際的に、学術交流、保健医療活動に貢献できる能力0101看護学研究論○0102国際コミュニケーション○0103看護と医学・スポーツ健康科学○0104リサーチ トピックス - D○○0201看護教育学特論○0202看護管理システム特論○0203感染制御看護学特論○0204臨床病態看護支援特論○0205小児看護支援開発特論○0206慢性看護支援開発特論○0207高齢者看護支援開発特論○0208ウィメンズヘルス看護支援開発特論○0209地域看護システム特論○0210メンタルヘルス看護支援開発特論○0211在宅看護支援開発特論○0212がん・クリティカルケア看護支援開発特論○0301看護学演習○0402看護学特別研究○成績評価の確認及び成績に対する異議申し立てコード授業科目特に該当するディプロマポリシー  履修科目に係わる成績評価について以下に該当すると判断した場合は、  成績評価の確認及び異議を申し立てることができる。(1)成績の誤記入等、授業担当教員の評価誤りであると思われるもの(2)シラバス又は授業評価教員の説明等により周知している成績評価の方法から逸脱した   評価であると思われるもの(3)その他合理的又は客観的な根拠があるもの  成績評価の確認を行う場合は、定められた期間内に手続きを行うものとする。 手続きの詳細については別途示す。- 326 -

元のページ  ../index.html#328

このブックを見る