2022年度 大学院教育要項
334/430

【修了後】 文部科学省令(学位規則)において、学位授与者には、学位授与後一年以内に、インターネットでの学位論文の公開が義務付けられています。順天堂大学では、順天堂大学学術情報リポジトリにおいて公開致します。データの公開において、データの複製は著作権法の範囲内で行うよう周知します。 提出された博士論文全文、要旨は、浦安キャンパス学術メディアセンターにて保管・公開するとともに、国立国会図書館に提供し、電子的な手段によって公開される。 1)博士論文要旨 学位記授与後3ヶ月以内に博士論文要旨(和文・英文)と論文審査結果を順天堂大学学術情報リポジトリへ公開する。 2)博士論文(全文)の製本用原稿(A方式)または印刷原稿(B方式) 博士論文の製本用原稿は、浦安キャンパス学術メディアセンターにて合本製本し、利用者へ閲覧提供するが貸出はしない。学術研究上の求めに応じて複写提供を行う。 3)博士論文(電子データ) 順天堂大学学術情報リポジトリにおいて、博士論文の全文を公開するとともに、国立国会図書館に提供する。 原則として、何れの方式に係わらず学位記授与後1年以内に博士論文の全文を公開する。やむを得ない事由がある場合は、研究科委員会の承認を受けて、論文全文に代えてその内容を要約した論文要約を公開することができる。その場合、「やむを得ない事由」が解消された場合は、「順天堂大学学術情報リポジトリ登録依頼書」を提出し全文公開の手続きを行う。 【その他】 個人所蔵・配布用或いは主査贈呈用に、自分の論文だけの製本冊子作製を希望する場合は、学位授与認定後に自費で個別に学術メディアセンターへ依頼する。 - 332 -

元のページ  ../index.html#334

このブックを見る