2022年度 大学院教育要項
363/430

授業回授業計画担当者授業内容授業方法 *予習・復習・レポート課題等と学習時間* アクティブラーニングの要素を取り入れている場合、その内容を明記(PBL、反転授業、グループワーク、討議、発表等)その他連絡先・オフィスアワー各研究指導教員へ随時連絡する。【対象】下記で研究科委員会の承認を得たもの・国内外の学会・研究会・大学等の主催する招請講演・教育講演・研修会(分野に関連するもの。発表の有無を問わない。)・順天堂大学の主催するFDワークショップ,FD講演会,国際交流講演会,外国人講師による遠隔講義・その他【手続き】①対象となる講演会・研修会等に参加後、出席表に必要事項を記入し、研究指導教員の署名・捺印を得る。(学会・研究会への参加の場合、参加を証明できる書類を添付)②出席が15回に達したら、出席一覧表(最終レポート)に必要事項を記入、研究指導教員の署名・捺印を得たものを、①とあわせて浦安キャンパス事務室に提出。 出席表および出席一覧表(最終レポート)の様式については別途案内する。予習各回90分学会参加前に、事前に関連する基礎的な内容や、直近の研究成果を確認しておく。復習各回90分聴講した発表、およびその質疑応答の内容をまとめておく。備考- 361 -

元のページ  ../index.html#363

このブックを見る