2022年度 大学院教育要項
374/430

開講学期1,2年次/前期単位数2単位代表教員高谷真由美・長瀬雅子ナンバリング科目名慢性看護支援開発特論必修・選択選択英語科目名Chronic Illness and Conditions Nursing support development Advanced Course対象学年1年担当教員授業概要全体内容成人の慢性病を持つ人々の看護に関る理論・概念・モデルの検討および研究論文をクリティークし、研究の動向と課題を探索する。これらを通して自己の問題意識を明確にし、慢性病者の抱える複雑多様な問題状況の概念化および支援モデルの開発とそれらを検証する研究方法論を検討し、患者・家族のQOLを高める援助方法を探求する。各テーマについての発表とディスカッションを中心に行う。到達目標各自が関心を持つ慢性病を持つ人々の看護に関る理論・概念・モデルの検討ができる。各自が関心を持つ慢性病を持つ人々の看護に関る研究論文をクリティークし、研究の動向と課題を探索できる。慢性病者の抱える複雑多様な問題状況の概念化および支援モデルの開発とそれらを検証する研究方法論を検討できる。髙谷真由美、長瀬雅子授業形態講義※…実務家担当教員試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ成人の慢性病をもつ人々の看護に関する研究の基盤となる理論・概念・モデルを探求する。本科目で見出した課題が博士後期課程における研究活動の中心的概念となる。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP1-高い学識及び高度な専門知識・実践能力に基づき、新たな理論構築や看護ケアの開発ができる研究能力学修上の注意・事前に提示された課題に対して準備して参加すること。・分析で取り扱おうとする事象はどのようなことかを考えておく。・研究を実施する上で必要となる研究協力施設・協力者への交渉を行う。 ・成果を関連学会への発表するための必要な準備を行う。※各授業につき予習90分、復習90分を目安とする。関連科目看護学特別研究先修要件なし成績評価の方法評価方法授業への参加態度20%、プレゼンテーション40%、レポート40%評価基準1.各自が関心を持つ慢性病を持つ人々の看護に関る理論・概念・モデルの検討ができる。2.各自が関心を持つ慢性病を持つ人々の看護に関る研究論文をクリティークし、研究の動向と課題を探索できる。3.慢性病者の抱える複雑多様な問題状況の概念化および支援モデルの開発とそれらを検証する研究方法論を検討できる。参考文献担当教員が適宜フィードバックする。テキスト書名著者出版社ISBN備考なし1) アーサー・クライマン著(1998):病いの語り−慢性の病いをめぐる臨床人類学、江口重幸他訳(2004)、誠信書房.2) Pamala D Larsen.(2014):Chronic Illness :Impact and Interventions. (9th Ed).3) 船津衛・宝月誠編(2006):シンボリック相互作用論の世界、恒星社厚生閣.4) 黒江ゆり子他訳(2005) /Pirre Woog ed.:慢性疾患の病みの軌跡−コービンとストラウスによる看護モデル/The chronic Illness trajectory framework,The Cobin Strauss Nursing Model,医学書院. 5)南裕子監訳(2000)/A.L.Strauss and Juliet.Gorbin et.al:慢性疾患を生きる ケアとクオリティ・ライフの接点/Chronic Illness,医学書院.6) Walker & Avant(2005):Strategies for Theory Construction in Nursing. (4th Ed).7) Fawcett(1993):Analysis and Evaluation of Nursing Theories.その他連絡先・オフィスアワー高谷真由美 mtakaya@juntendo.ac.jp長瀬雅子  mnagase@juntendo.ac.jp備考主体的な参加を期待する。オフィスアワーを設けているので、事前にメールにてアポイントメントを取って積極的にコンタクトをとること。- 372 -

元のページ  ../index.html#374

このブックを見る