2022年度 大学院教育要項
376/430

開講学期1,2年次/前期単位数2単位代表教員湯浅 美千代ナンバリング科目名高齢者看護支援開発特論必修・選択選択英語科目名Elderly nursing support development Advanced Course対象学年1年担当教員授業概要全体内容高齢者看護学の6つの領域からテーマを定めて国内外の最新の研究論文を集め、クリティークし、論点を明確にして発表する。発表・討議を通してより深い考察を導く。ゼミナール形式で行う。領域①:高齢者への看護技術(アセスメント、コミュニケーション、環境調整を含む)、または病院・施設における高齢者ケア管理技術(教育、システム整備・評価を含む)(湯浅)領域②:高齢者のセルフケアに関わる看護、または高齢者への教育方法(島田)領域③:認知症を有する高齢者の看護、または高齢者のEnd of Life Care(杉山)到達目標1.高齢者への看護、または高齢者ケア管理に関する技術的側面について、基盤となる知見を収集し、論点・課題を明確に論述できる。2.高齢者のセルフケアに関わる看護、または高齢者への教育方法について、基盤となる知見を収集し、論点・課題を明確に論述できる。3.認知症を有する高齢者の看護、または高齢者のEnd of Life Careについて、基盤となる知見を収集し、論点・課題を明確に論述できる。湯浅美千代※、島田広美※、杉山智子※授業形態講義成績評価の方法評価方法プレゼンテーション資料(40%)と授業後のレポート(60%)により評価する。領域ごとの配点割合は、①40%、②30%、③30%である。評価基準・文献に示された結果や知識を正しく理解し、様々な知識と照らし合わせて評価していること・高齢者看護領域の課題及び自身の提案や考察を、論理的に整理して他者にわかりやすく表現していること。試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ高齢者看護学・高齢者看護実践の発展に寄与できる研究を行う基盤をつくる。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP1-高い学識及び高度な専門知識・実践能力に基づき、新たな理論構築や看護ケアの開発ができる研究能力学修上の注意授業は原則として前期の土曜日に行うが、日時の詳細は学生と相談の上決定する。履修にあたっては、高齢者看護学の基礎的知識、実践経験が不可欠である。不明な点はあらかじめ相談し、発表・討議の準備を行うこと。テキストは用いない参考文献プレゼンテーション資料および提出されたレポートについて授業内または授業後にコメントする。テキスト書名著者出版社ISBN備考備考参考文献を授業内で紹介する。その他連絡先・オフィスアワー質問・相談等は必要時メールで連絡してください。科目責任者:myuasa@juntendo.ac.jp※…実務家担当教員関連科目なし先修要件なし- 374 -

元のページ  ../index.html#376

このブックを見る