2022年度 大学院教育要項
380/430

開講学期1,2年次/前期単位数2単位代表教員櫻井 しのぶナンバリング科目名地域看護システム特論必修・選択選択英語科目名Community nursing system Advanced Course対象学年1年担当教員授業概要全体内容健康問題は国内外問わず、社会の在り方や環境の変化などにより大きく影響を受け、その内容は複雑多岐に渡る。そして、その解決方法も医学保健分野にとどまらず、様々な分野の複合的な視点を持ったものが求められる。ゆえに、現存もしくは潜在的に存在する健康問題とその関連要因について、より広域な視点、また集団(地域)に存在する個人および家族、特定集団、地域を対象とした深い洞察と分析方法を学び、支援方法の特質と理論的背景、看護の機能の社会的適用方法とケアシステム構築の方法について考察し、エビデンスに基づいた批判的思考のもとにより効果的な支援方法を探求する。到達目標①地域の健康問題とその関連要因を追求し、個人および家族、集団、地域を対象とした支援方法の特質と理論的背景、看護の機能の社会的適用方法とケアシステム構築の方法について論述することができる。②地域看護学に関連する研究論文をクリティークできる。③地域看護における健康問題に関連する主要な理論・概念分析ができる。④地域看護の特性を使用した理論を使用した解決方法について述べることができ、ケアシステム構築について考察ができる。櫻井しのぶ授業形態講義※…実務家担当教員試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ地域看護活動における健康課題や健康問題について公衆衛生の視点から、解決方法を探索的にかつ組織的に行うための基盤となる知識を得て、新しい看護支援につながる洞察を得て、研究的な取り組みに向かう基盤とする。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP1-高い学識及び高度な専門知識・実践能力に基づき、新たな理論構築や看護ケアの開発ができる研究能力学修上の注意授業への主体的参加を重視するので、各講義において提示された文献を熟読すること、及び、自分自身の関連する領域に関しての文献を調べ、各自が討論する内容を充実して、授業に臨むことを期待する。※各授業につき各回予習90分、各回復習90分を目安とする。関連科目Community development, Health promotion. Health Care system. Social Capital先修要件なし成績評価の方法評価方法学習状況10%、プレゼンテーション40%、レポート50%で総合的に評価する。評価基準①地域の健康問題とその関連要因を追求し、個人および家族、集団、地域を対象とした支援方法の特質と理論的背景、看護の機能の社会的適用方法とケアシステム構築の方法について論理的に説明できる②地域看護学に関連する研究論文をクリティークし提示できる。③地域看護における健康問題に関連する主要な理論・概念分析が説明できる。④地域看護の特性を使用した理論を使用した解決方法について述べることができ、ケアシステム構築について考察ができる。参考文献講義の中でコメントするテキスト書名著者出版社ISBN備考特になしNaomi E.Erivin.(2002) Advanced Community health Nursing Practice, Prentice hall, Upper Saddle River, new Jersey. hall, Upper Saddle River, new Jersey.Lawrence W.Green, Marshall W.Kreuter.(2005).Health Program Planning; and educational and ecological approach.4th eduition, Macgraw Hill, New Yorkその他連絡先・オフィスアワー随時(事前にメイルで連絡すること)備考- 378 -

元のページ  ../index.html#380

このブックを見る