2022年度 大学院教育要項
385/430

授業回123456789101112131415授業計画担当者授業内容授業方法 *予習・復習・レポート課題等と学習時間伊藤隆子①に関する国内外の学術的な研究論文の発表と討議発表、討議各回予習・復習各90分ずつを目安とする伊藤隆子②に関する国内外の学術的な研究論文の発表と討議発表、討議各回予習・復習各90分ずつを目安とする伊藤隆子オリエンテーション発表、討議各回予習・復習各90分ずつを目安とする伊藤隆子①に関する国内外の学術的な研究論文の発表と討議発表、討議各回予習・復習各90分ずつを目安とする伊藤隆子③に関する国内外の学術的な研究論文の発表と討議発表、討議各回予習・復習各90分ずつを目安とする伊藤隆子①〜③のまとめ(関連する理論、概念、モデルの確認)発表、討議各回予習・復習各90分ずつを目安とする伊藤隆子②に関する国内外の学術的な研究論文の発表と討議発表、討議各回予習・復習各90分ずつを目安とする伊藤隆子③に関する国内外の学術的な研究論文の発表と討議発表、討議各回予習・復習各90分ずつを目安とする発表、討議各回予習・復習各90分ずつを目安とする伊藤隆子④に関する国内外の学術的な研究論文の発表と討議発表、討議各回予習・復習各90分ずつを目安とする伊藤隆子④に関する国内外の学術的な研究論文の発表と討議発表、討議各回予習・復習各90分ずつを目安とする* アクティブラーニングの要素を取り入れている場合、その内容を明記(PBL、反転授業、グループワーク、討議、発表等)伊藤隆子④〜⑥のまとめ(関連する理論、概念、モデルの確認)発表、討議各回予習・復習各90分ずつを目安とする伊藤隆子⑥に関する国内外の学術的な研究論文の発表と討議発表、討議各回予習・復習各90分ずつを目安とする伊藤隆子⑥に関する国内外の学術的な研究論文の発表と討議発表、討議各回予習・復習各90分ずつを目安とする伊藤隆子⑤に関する国内外の学術的な研究論文の発表と討議発表、討議各回予習・復習各90分ずつを目安とする伊藤隆子⑤に関する国内外の学術的な研究論文の発表と討議- 383 -

元のページ  ../index.html#385

このブックを見る