2022年度 大学院教育要項
386/430

開講学期1,2年次/前期単位数2単位代表教員佐藤 まゆみナンバリング科目名がん・クリティカルケア看護支援開発特論必修・選択選択英語科目名Oncology and Critical care nursing support development Advanced Course対象学年1年担当教員授業概要全体内容がん看護またはクリティカルケア看護に関する理論・概念及び看護支援モデルの検討を行う。また、国内外の研究論文をクリティークし、研究の動向と課題を探索する。これらを通して、自己の問題意識/研究課題を明確にし、課題に対する看護援助方法を探究するとともに、その効果を検証するための研究方法論を探究する。本授業はゼミ形式で行う。学修テーマについてのプレゼンテーションと参加者全員でのディスカッションにより学びを深める。到達目標1.自らが関心をもつがん看護/クリティカルケア看護の現象に関する理論・概念及び看護支援モデルについて説明できる。2.自らが関心をもつがん看護/クリティカルケア看護の現象について、国内外の研究論文をクリティークし、研究の動向と課題について説明できる。3.自己の研究課題を明確にし、課題に対する看護援助方法を探究するとともに、その効果を検証するための研究方法論を探究できる。佐藤まゆみ※ 池田恵※ 高山京子※授業形態講義※…実務家担当教員試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけこの科目は「専門科目」に位置づけられる。この科目は、「看護学演習」「看護学特別研究」の基盤となる。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP1-高い学識及び高度な専門知識・実践能力に基づき、新たな理論構築や看護ケアの開発ができる研究能力学修上の注意[予習(事前準備)]プレゼンテーション資料を作成する。[復習]各授業内容について理解を深める。関連科目看護学演習、看護学特別研究先修要件特になし成績評価の方法評価方法プレゼンテーション資料・プレゼンテーション40%、授業への参加状況30%、レポート30%を総合して評価する。評価基準1.自らが関心をもつがん看護/クリティカルケア看護の現象に関する理論・概念及び看護支援モデルについて説明できる。2.自らが関心をもつがん看護/クリティカルケア看護の現象について、国内外の研究論文をクリティークし、研究の動向と課題について説明できる。3.自己の研究課題を明確にし、課題に対する看護援助方法を探究するとともに、その効果を検証するための研究方法論を探究できる。参考文献ゼミの際に指導を行う。テキスト書名著者出版社ISBN備考なし関連文献・参考文献はその都度提示する。その他連絡先・オフィスアワー質問・相談については随時メールで受け付ける。科目責任者:佐藤まゆみ m.sato.qh@juntendo.ac.jp備考- 384 -

元のページ  ../index.html#386

このブックを見る