2022年度 大学院教育要項
391/430

授業回1~751~751~751~751~751~751~751~751~751~751~751~751~751~751~75飯島佐知子看護管理学に関わるテーマのうち、人員配置、医療・看護の質の評価、医療安全、財務管理、医療・看護の原価計算、医療経済的評価、バランストスコアカードなどのテーマを扱う。研究方法は、アセスメントスコアシートなど、評価尺度の開発、介入前後比較研究、無作為化比較試験、費用効果分析、費用最小化分析などの先進的な量的方法の研究指導を行う。演習各回予習90分、復習90分伊藤龍子子どもと家族の長期的な療養生活のための看護支援開発に関する研究テーマの選択、研究デザイン及びサブストラクションの設計を通した精度の高い研究方法論の選択を行い、論文作成の研究指導を行う。演習各回予習90分、復習90分授業計画担当者授業内容授業方法 *予習・復習・レポート課題等と学習時間植木純健康課題の根底にある臨床病態のアセスメント手法に関して文献等より国際的な標準手法を修得、先端的な手法も同時に探求する。健康課題の解決をめざした科学的根拠に基づく健康指導・健康管理の方法の開発や効果の検証法を立案、必要に応じて欧米やアジア等の研究者と連携し研究を展開する能力や論文作成能力を修得し、研究者としての視野や力量が身につくよう指導する(佐野裕子准教授が共同で指導する)。演習各回予習90分、復習90分上野恭子狭義の精神看護やリエゾン精神看護領域から研究テーマを特定し、看護支援開発に寄与する研究を目指す。関連および周辺領域の研究論文や文献を幅広くレビューし、研究目的に適したデザインや手法を検討して科学的論文を作成する。一連の過程を通して倫理観を備えた研究者として成長するよう指導する。演習各回予習90分、復習90分伊藤隆子在宅看護学領域に関わる専門的な看護を追求するための研究課題、例えば療養者とその家族に対して提供される看護実践、在宅における関係機関や多職種との連携及びネットワークの構築、退院支援・調整等の療養の場の移行支援とケアマネジメントなど、各自明確にし、研究計画立案、実施、博士論文作成の指導を行う。演習各回予習90分、復習90分岩渕和久感染症に対抗するための感染免疫の科学的根拠を実証する研究手法を教授する。さらに博士論文を作成する過程を通して、感染症を予防・制御する方法や活動支援に関する研究を立案・実施・解析・論文作成ができるように指導する。演習各回予習90分、復習90分佐藤まゆみがん看護学またはクリティカルケア看護学の実践・教育・研究の発展に貢献しうる各自の研究課題について、研究計画に基づき研究を実施し、博士論文としてまとめる一連のプロセスを指導する。演習各回予習90分、復習90分野崎真奈美看護教育における課題の解決に貢献できるよう、教育方法、教育評価方法、授業設計、教材開発、教育プログラム開発、教師教育、キャリアデザイン支援等の提案につながるテーマについて探求する。研究テーマに応じた研究デザインを設計し、関連分野の学際的な活動への参加を通して研究活動を洗練させ、博士論文を完成させるよう指導する。演習各回予習90分、復習90分大月恵理子母性看護学・助産学領域の看護実践・教育・研究の発展に貢献する科学的根拠を提供する研究遂行を目指し、研究計画立案から実施、分析、論文作成に至るまでの支援を行う。演習各回予習90分、復習90分櫻井しのぶ国内外問わず地域・公衆衛生看護領域において存在する健康問題を実践的に解決しうる研究成果を目指し、影響する諸要因を検討、独自性の有るグローバルな視点を持った研究課題を選定し、自己が設定した研究課題に適した研究方法論を選択し、研究計画に沿って科学的な根拠に基づいた博士論文を作成する。その一連のプロセスを指導する。演習各回予習90分、復習90分湯浅美千代高齢者に関わる専門的な看護をより深化・発展させる可能性をもつ新規性のある研究テーマを選定し、目的に応じた適切なデータ収集・分析方法を検討し、工夫するとともに、高齢者看護領域の研究では課題の多い倫理的な問題への配慮及び結果の妥当性確保のための手続きを行い、博士論文の作成を指導する。演習各回予習90分、復習90分島田広美回復期にある高齢者と家族に関する援助課題について、文献検討、関連する概念の検討を行い、研究課題に即した研究方法を選択し、研究計画書を作成する。研究計画書に即してデータ収集と分析、結果をとりまとめ、博士論文作成を指導する。演習各回予習90分、復習90分平井周自ら選択し明確化した研究テーマについて、課題解決に最適な病理学的検索手法の選定をはじめとする研究計画の立案、データの収集や解析から論文作成の遂行までを支援・指導する。演習各回予習90分、復習90分水野恵理子精神保健看護領域やリエゾン精神看護領域から研究課題を挙げ、実践・教育・研究の発展に寄与する研究を実施する。国内外の先行研究を検討し、適切なデザイン・手法・倫理観の吟味を通して研究計画を立案し、博士論文を作成する一連の過程を指導する。演習各回予習90分、復習90分杉山智子高齢者看護の中でも特に認知症高齢者のケアに関する研究について、国内外の文献のレビューを行い、臨床看護においてニーズの高い研究課題を探求する。その上で研究方法の検討、研究計画書の作成、データ収集、分析を通して、高齢者看護学の研究を行うための能力を養えるよう博士論文指導を行う。演習各回予習90分、復習90分- 389 -

元のページ  ../index.html#391

このブックを見る