2022年度 大学院教育要項
97/430

3456789101112131415宮脇第1章: 倫理についてⅣ.看護倫理 (p.52-61) ・看護教育と倫理 ・看護職の倫理綱領……………………………………………Ⅴ.看護研究と倫理 (p.62-66) ・ベルモントレポート ・研究倫理指針プレゼン&ディスカッション予習・復習各90分「看護実践のための倫理と責任」pp.52-66を必ず読んで授業に参加すること宮脇第2章: 今、医療現場で何が起きているか ①Ⅰ.患者、家族のニーズに応えられているか (pp.68-79) ・患者、家族のニーズとケア ・寄り添うとはプレゼン&ディスカッション予習・復習各90分「看護実践のための倫理と責任」pp.68-79を必ず読んで授業に参加すること宮脇第4章: 倫理的悩みを解決するためにⅠ. 市民感覚を取り戻すⅡ. 気づきを言語化するⅢ. 問題を話し合う場をつくるⅣ. 倫理的感受性を高めるⅤ. 強い意志をもって団結する(pp.142-160)プレゼン&ディスカッション予習・復習各90分看護実践のための倫理と責任」pp.142-160 を必ず読んで授業に参加すること宮脇看護実践における倫理的問題事例検討 1-2プレゼン&ディスカッション予習・復習各90分看護実践のための倫理と責任」pp.142-160 を必ず読んで授業に参加すること宮脇第2章: 今、医療現場で何が起きているか②Ⅱ.医療-患者関係の勾配 (pp.80-85)                  ・ペアレンタリズム ・お互い様とお陰様………………………………………………Ⅲ.看護師の道徳的苦悩(pp.86-92) ・信頼と責任 ・チーム医療プレゼン&ディスカッション予習・復習各90分看護実践のための倫理と責任」pp.80-92を 必ず読んで授業に参加すること宮脇第3章: 事例検討 (pp.93-141)Ⅰ患者にとっての最善の選択とはⅡ拘束は誰のために、何のために行うのかⅢインフォームド・コンセントは誰のために行うのかⅣ生体肝移植をめぐってⅤ高齢患者は医療に何を望んでいるのかⅥ組織内のパワーをめぐってプレゼン&ディスカッション予習・復習各90分看護実践のための倫理と責任」pp.pp.93-141を必ず読んで授業に参加することディスカッション予習・復習各90分検討事例を必ず読んでくること宮脇看護実践における倫理的問題事例検討 3-4ディスカッション予習・復習各90分検討事例を必ず読んでくること宮脇看護実践における倫理的問題事例検討 5-6ディスカッション予習・復習各90分検討事例を必ず読んでくること* アクティブラーニングの要素を取り入れている場合、その内容を明記(PBL、反転授業、グループワーク、討議、発表等)宮脇まとめ・倫理的実践を目指して・道徳的看護師であるために・サーバントリーダーシップディスカッション予習・復習各90分授業内容を踏まえて、自身の考えを言語化してくること宮脇看護実践における倫理的問題事例検討 11-12ディスカッション予習・復習各90分検討事例を必ず読んでくること宮脇第5章: 看護実践におけるケアリング Ⅰ.人間としての尊厳を守るⅡ.人間をまるごと理解するⅢ.ケアを必要としている人に応えるⅣ.ユーモアのセンスを磨こう(p162-175)プレゼン&ディスカッション予予習・復習各90分看護実践のための倫理と責任」pp.162-1750 を必ず読んで授業に参加すること宮脇看護実践における倫理的問題事例検討 7-8ディスカッション予習・復習各90分検討事例を必ず読んでくること宮脇看護実践における倫理的問題事例検討 9-10- 95 -

元のページ  ../index.html#97

このブックを見る