医療看護研究会誌 第12巻1号
36/82

小貫恵理佳:手術を受けた肺がん患者が外来で再発治療を受けながら生きていく体験32見といえる。 がんサバイバーは、死を意識しつつも生きられる時間を考えて生活する中で、幾度となく病状の増悪や安定を繰り返し、生きる拠り所が揺らいだり、見失われたりする22)と言われている。本研究の対象者も、病状の増悪に伴って治療方針を変更したり、新しい治療法を導入したりする中で、死を覚悟しながら生きる意味や目的を見つけ出そうとしていた。 また、対象者の中には手術を受けて根治したと思った矢先に再発して二度も辛い思いをするのが苦痛だったと振り返る者もいた。しかし、根治術後に再発した肺がん患者と、手術不能の肺がん患者の化学療法後の予後に関する比較研究23)では、術後再発群の方が有意に長期生存でき、病勢コントロールも長期にわたり可能との報告がされている。本研究の対象者も初回手術からは時間が経過しており、その間病状を自分自身で上手くコントロールしていた。 Margaret24)は、「がん患者はがんの診断を受けて、もがき苦しむ中で、自分のパターンに気づき、自分というものの意味がつかめた時に、新しい生き方を見出す」と述べている。本研究の対象者は、再発の診断によって、根治を望めない治療による身体変化や病状悪化に落ち込むという辛い体験をする中で、この先明日倒れるか解らないけど、元気のある時にベストを尽くせばいいと思っているなどと、自分が治療を受ける意味を見出し、死を恐れて悲観するよりも今を一生懸命生きるというように、新しい生き方を見出していると考えられた。 以上より看護師は、患者が今の自分を受け入れて残りの人生について考えることができるよう支援することが重要であると考える。2.手術後に再発した肺がん患者が外来で治療を受けながら自分らしく生きていくための外来看護援助1)根治が望めない高額治療に葛藤している患者の気持ちを理解すると共に患者が生への希望を失わずに通院治療が継続できるよう支援する 手術後に再発した肺がん患者が受ける治療を決定する前に、看護師は患者の治療に対する思いや生活スタイル、人生に対する価値観について把握した上で、治療にかかる費用や時間、通院の頻度について説明し、患者に合った治療を一緒に選択することが重要である。社会保障制度は変更されることも多いため、患者に高額医療費制度や生命保険の適応など活用できる社会資源や負担金額を事前に伝える場合は、最新の情報を提供する必要がある。また、社会資源を自分で活用することが難しい患者はソーシャルワーカーへ橋渡しすることが重要である。本研究の対象者には、「病院で診察を待ってる間にでも、同じ病気の人とか自分より先に治療した人の話が聞けたらいいんだけどね」と、患者同士が交流する場の提供を望んでいる者がいた。患者が治療を決定する前に、必要な情報を得ることができるように、同じ治療を受けた患者と交流できる場を提供することも重要である。 また、本研究の対象者の中には、「くじけそうになるけど前向きな気持ちを持っていれば前向きになれるからその気持ちを大切にしている」と、長い治療生活の中で時にくじけそうになるけれど意識的に前向きな気持ちを大切にしている者がいたことから、長い治療生活の中では、時に挫けてしまいそうになることもあると考える。看護師は、患者の人生における楽しみや喜びを大事にして、生活の中で喜びや楽しみを感じる機会が多くできるように前向きに関わり、環境を整えていく必要がある。また治療中の患者の場合、データの悪化や更なる転移により心理的危機状況に置かれることがある。本研究の対象者の中にも、更なる転移のため治療薬を変更せざるを得ない状況に置かれた者もいた。医師から悪い情報や治療の変更が告げられる場合は医師の診察に同席し、患者の心理状態を把握すると共に速やかに看護介入ができることが重要である。 また本研究の対象者は、自宅で積極的にがんに効くことを実践して生活していた。看護師は、患者自身の努力を認めるように関わる必要がある。2)繰り返される治療生活の中でも重要他者との絆を深められるよう支援する 本研究の対象者には、「来月の抗がん剤の日に、友達に旅行に誘われて行きたいんだけどね。薬も大事だけどお友達との旅行も楽しいから薬だと思って。」と、友人との時間を大切にしながら治療のスケジュールを検討している者がいた。看護師は、患者に治療のスケジュールを一方的に伝えるのではなく、家族や友人との時間が過ごせるよう治療のスケジュールを調整したり、外来での治療中に家族や友人と一緒に過ごせるよう環境を整えることが重要である。また、患者が家族や友人から愛されていることを伝えることも重要である。3)患者が今の自分を受け入れて残りの人生について

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 36

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です