医療看護研究会誌 第12巻1号
9/82

順天堂大学医療看護学部 医療看護研究 第12巻1号(2015)5て、コンサルテーションと教室での練習がある。これらはいずれも、個別の教員に対して授業方法の相談や教室の使い方の相談を受けるものである。一方、メール/電話でのサポートは、教員からの質問などに対応するものである。授業中の「応答的サポート」としては、教室内での機材サポートと、教室内の電話を用いた機材サポートがある。緊急での電話サポートは、IT Servicesという学内他部局が担っており、アクティブラーニング教室に限らずプロジェクタなどの機材が備わっている教室すべてのサポートを行っているとのことであった。3.アクティブラーニング導入のための活動 前節では、アクティブラーニング教室におけるアクティブラーニング導入のための支援を取り上げた。本節では、アクティブラーニング教室に限定せず、あらゆる教室へのアクティブラーニング導入のための活動として、アクティブラーニングに関するワークショップを紹介する。 このワークショップは、学部単位でのイベントで行われるなど、随時、開催されている。著者の訪問時には、工学部の教員を対象としたワークショップが実施されていたので、その内容を以下に述べる。 ワークショップは、“Active Learning Engineering Faculty Workshop”というテーマで行われており、工学部の教員12名が参加した。ワークショップは、TLSのスタッフ2名が司会・進行やミニ講義を行っていた。プログラム内容を、表1に示す。 ワークショップは、授業における課題の共有から始まり、学生が置かれている状況を理解することに加え、実際にアクティブラーニングを導入している教員による体験談の説明、アクティブラーニング手法についての理解と自分の授業への適用といった内容であった。ワークショップは昼食を挟むように開催され、ワークショップ会場に用意された昼食を食べながら、参加者どうしが自身の授業やアクティブラーニングについてインフォーマルに情報交換・議論していた。Ⅳ.考察 本章では、これまでに述べた東京大学とマギル大学の事例をもとに、アクティブラーニングの導入支援の共通点と相違点を考察し、その支援内容・体制に関する示唆を得る。1.アクティブラーニングを促す学習環境における導入支援 東京大学、マギル大学それぞれのアクティブラーニングのための教室では、授業前後や授業中に教員・学生への支援が行われていた。 両者に共通するのは、教室の設備機材についての説明、授業手法や機材活用に関する相談・打合せ、授業中の教員・学生への機材操作支援や機材トラブル対応である。 東京大学、マギル大学ともにアクティブラーニング教室には、他教室にはない設備機材、特にICTが導入されていた。このため、どのような設備・機材がありどのように授業で使えるのかを教員に理解してもらい、授業での活用を促すことが必要である。これに関連して、授業手法や機材活用に関する相談や打合せ、コンサルテーションを受け付けており、アクティブラーニングやアクティブラーニングを効果的に実施するための設備機材活用を支援している。 また、教員だけでなく、学生に対しても設備機材の説明を行っている点も共通している。アクティブラーニングを導入すると、教員だけでなく学生も教室の設備機材を扱う機会が生じる。たとえば、クリッカーの使用や、ホワイトボードの利用などである。あらかじめ設備機材について説明しておくことで、学生が設備機材を利用した活動を円滑に行い、学習に集中できると考えられる。表1 ワークショップのプログラム内容プログラムプログラムの内容1.イントロダクション・ワークショップの概要説明2.課題の共有・授業における課題の共有3.経験の共有(1)・近隣大学の教員による経験談4.学生の現況と求められるもの・学生の状況(年齢等)や学生が成功するために必要な要素5.経験の共有(2)・若手男性教員による経験談6.経験の共有(3)・ベテラン男性教員による経験談7.アクティブラーニングとは何か・アクティブラーニングのミニ講義8.昼食・意見交換、議論9.今後の展開・アクティブラーニング導入の課題について議論 例.教材、予算、評価など・ワークショップで用いたアクティブラーニング手法の解説

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 9

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です