アクセス
メニューボタン

教育内容

准教授 原田 静香 (はらだ しずか)

専門分野 公衆衛生看護学
研究キーワード 保健師教育 退院調整
所属 看護専門
担当授業科目 地域保健活動論、地域生涯保健活動論、ケアシステム論、地域診断実習、公衆衛生看護学実習、ゼミナール、医療看護研究Ⅰ、看護課題実習、地域ケアシステム論、医療看護研究
取得学位 博士(医学) 2014年

研究テーマと内容

研究テーマ

訪問看護師による退院調整への関与に関する分析

研究内容

入院中の患者の退院調整において、訪問看護師が病院へ出向き直接退院調整に関与していた者と関与していなかった者で、在宅移行期に起きた状況の違いについ て検証することを目的に、介護家族12名を対象にとして自記式質問紙調査及び、半構造化インタビューを行った。退院調整への関与状況では、「関与あり群」 は「関与なし群」に比べ地域連携が行われ、社会資源の導入状況は退院前から計画的であった。「関与なし群」は退院時の支援者不在を感じていた。

最近の活動と研究

原著論文

  1. 原田静香、杉本正子、秋山正子、岡田隆夫、櫻井しのぶ: 訪問看護師による退院調整への関与に関する分析、順天堂医事雑誌第59巻、480-489、2013.
  2. 美ノ谷新子 原田静香:脳卒中退院患者からみた退院前に予測した困難と在宅へ戻って遭遇した困りごとの相違、順天堂保健看護研究第1巻第1号、2012.

学会発表

  1. 原田静香、杉本正子、長沼陽子、櫻井しのぶ: 訪問看護師による退院調整への関与に関する分析-通常の退院調整後との比較から-、第73回日本公衆衛生学会(栃木)、2014.
  2. 櫻井しのぶ、斉藤尚子、中西唯公、原田静香:地域組織活動を行う住民の保健師に対する要望、第73回日本公衆衛生学会(栃木)、2014.
  3. 中西唯公、櫻井しのぶ、原田静香、中澤智美:地域における30代女性の健康状態について-30代健診の結果よりみえてきたこと-、第73回日本公衆衛生学会(栃木)、2014.
  4. 山口豊子,原田静香,丸山美知子,美ノ谷新子, 柴崎美紀, 米澤純子,宮近郁子,入野豊,森本喜代美、介護支援専門員が捉えたがん終末期在宅ケアの達成と喜び、第18回日本在宅ケア学会(東京都)、2014.
  5. 原田静香、丸山美知子、美ノ谷新子、柴崎美紀、山口豊子、森本喜代美、宮近郁子、入野豊、米澤純子:がん終末期ケアマネジメントにおける看取りへの支援に関する考え、第18回日本在宅ケア学会(東京都)、2014.
  6. 美ノ谷新子、丸山美知子、原田静香、 柴崎美紀、山口豊子、森本喜代美、宮近郁子、入野 豊、米澤純子:看護職を背景資格にもつケアマネジャーのがん終末期における看取りへの支援、第18回日本在宅ケア学会(東京都)、2014.
  7. 中山久子、原田静香、齋藤尚子、中西唯公、櫻井しのぶ:発達障害児の運動プログラム参加に対する保護者の視点からみた意義、第72回日本公衆衛生学会(三重県)、2013.
  8. 齋藤尚子、櫻井しのぶ、五味正治、原田静香、中山久子:認知症サポーター養成講座受講者の認識及び行動の変化-認知症者との関わり経験の有無との関連-、第72回日本公衆衛生学会(三重県)、2013.
  9. 櫻井しのぶ、齋藤尚子、中西唯公、原田静香、中山久子:特定保健指導のスキル向上に向けた事例検討後の医療従事者の認識とその変化、第72回日本公衆衛生学会(三重県)、2013.
  10. 飯塚彩、原田静香、長沼陽子、中山久子、櫻井しのぶ:震災に対する住民の意識と地域づくり-首都圏の行政機関の調査報告書から-、第72回日本公衆衛生学会(三重県)、2013.
  11. 吉田希美、原田静香、齋藤尚子、中山久子、櫻井しのぶ:新興住宅地における育児の孤立化予防への一考察、第72回日本公衆衛生学会(三重県)、2013.
  12. 柴崎美紀、入野豊、丸山美知子、原田静香、美ノ谷新子、宮近郁子、山口豊子、森本喜代美、米澤純子:がん終末期事例を担当する介護支援専門員が語る介護保険制度の現状および課題と要望、第72回日本公衆衛生学会(三重県)、2013.
  13. 美ノ谷新子、原田静香、 柴崎美紀、米澤純子、宮近郁子、 山口豊子、入野 豊、森本喜代美、丸山美知子:がん終末期事例を担当する介護支援専門員の特有な役割、第77回日本民族衛生学会(東京都)、2012.
  14. 原田静香、柴崎美紀、美ノ谷新子、米澤純子、宮近郁子、入野豊、山口豊子、森本喜代美、丸山美知子、杉本正子:がん終末期ケアマネジメント担当に関する介護支援専門員の考え(第2報)、日本公衆衛生学会(山口県)、2012.
  15. Shizuka Harada, MA, Shinko Minotani, PhD, Yuki Arai.MA, Miki Shibasaki, MA, Tatuko Fukusima.:Study of support for stroke patients receiving home care to promote its continuation: Changes in concerns and factors enabling patients to receive home care, 第2回日韓地域看護学会共同学術集会(兵庫), 2011.
  16. Shinko Minotani, PhD, Miki Shibasaki, MA, Shizuka Harada, MA, Yuki Arai, MA: Differences in the concerns before the discharge of stroke patients between homecare patients and facility residents, Sigma Theta Tau International's 22nd International Nursing Research Congress(Mexico), 2011.
  17. 原田静香、米澤純子 美ノ谷新子 柴崎美紀 山口豊子 森本喜代美 宮近郁子 入野豊 丸山美知子:がん終末期ケアマネジメント担当に関する介護支援専門員の考え、第70回日本公衆衛生学会総会(秋田)、2011.
  18. 原田静香 山口忍 篠崎久美 小林亜由美 浦橋久美子:保健師教育における技術項目の経験と「達成度」に関する研究(第3報)-健康診査・健康相談-、第69回日本公衆衛生学会(東京)、2010.

報告書

  1. 美ノ谷新子、原田静香、柴崎美紀、米澤純子、山口豊子、森本喜代美、宮近郁子、入野豊、丸山美知子:「がん終末期患者の在宅移行期から行う介護支援専門員の連携プロセス」報告書、平成23年度(公益財団法人)フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団、2012.
  2. 美ノ谷新子、原田静香、米澤純子、柴崎美紀、山口豊子、森本喜代美、宮近郁子、入野豊、丸山美知子:「在宅ターミナルケアにおける介護支援専門員の基盤資格と連携-より効果的な人材の発掘と啓発のために-」報告書、平成21年度 笹川記念保健協力財団、2011.
  3. 山口忍、小林亜由美、浦橋久美子、篠崎久美、原田静香:保健師教育における技術項目の経験と到達度に関する研究報告書、平成21年度関東甲信越ブロック保健師教育機関協議会研究助成、2011.