アクセス
メニューボタン

教育内容

准教授 中山 仁志(なかやま ひとし)

順天堂大学医療看護学部の教員:中山仁志 助教
専門分野 生化学、糖鎖生物学、感染免疫学
研究キーワード 膜マイクロドメイン、病原性抗酸菌
所属 専門基礎
担当授業科目 生化学、生物、生命現象と免疫の科学、形態機能学Ⅱ
取得学位 博士(医学) 2008年

研究テーマと内容

研究テーマ

病原性抗酸菌による宿主膜マイクロドメインを介した食胞成熟回避機構の解明

研究内容

結核菌やMycobacterium avium-intracellulare complex(MAC)などの病原性抗酸菌は、好中球やマクロファージ等の貪食細胞に取り込まれた後も、食胞(ファゴゾーム)とリソソームの融合(食胞 の成熟)を阻害することで殺菌を回避し、細胞内寄生することが知られている。その一方で、非病原性抗酸菌では、食胞の成熟阻害は認められない。また、最近 の注目すべき知見として、結核菌やMACなどの細胞内寄生細菌が、膜マイクロドメインを介して宿主細胞内に取り込まれ、食胞成熟のための細胞内情報伝達経 路を攪乱し、宿主細胞内で増殖することが報告されている。我々は、膜マイクロドメインが病原性抗酸菌による食胞の成熟阻害にどのように関与しているかに着 目し、病原性抗酸菌による細胞内寄生メカニズムを明らかにしようとしている。

最近の活動と研究

原著論文

  1. Nishioka J, Iwahara C, Kawasaki M, Yoshizaki F, Nakayama H, Takamori K, Ogawa H, and Iwabuchi K. Di-(2-ethylhexyl) phthalate induces production of inflammatory molecules in human macrophages. Inflammation Research 61 (1): 69-78, 2012.
  2. Kina K, Masuda H, Nakayama H, Nagatsuka Y, Nabetani T, Hirabayashi Y, Takahashi Y, Shimada K, Daida H, Ogawa H, Takamori K, Iwabuchi K. The novel neutrophil differentiation marker phosphatidylglucoside mediates neutrophil apoptosis. J Immunol 186(9), 5323-32, 2011.
  3. Hirose K, Iwabuchi K, Shimada K, Kiyanagi T, Iwahara C, Nakayama H, Daida H: Different responses to oxidized low-density lipoproteins in human polarized macrophages. Lipids Health Dis 10 (1): 1, 2011.
  4. Kiyanagi T, Iwabuchi K, Shimada K, Hirose K, Miyazaki T, Sumiyoshi K, Iwahara C, Nakayama H, Masuda H, Mokuno H, Sato S, Daida H: Involvement of Cholesterol-enriched Microdomains in Class A Scavenger Receptor-mediated Responses in Human Macrophages. Atherosclerosis 215 (1), 60-9, 2011.
  5. Iwabuchi K, Nakayama H, Iwahara H, Takamori K.: Significance of glycosphingolipid fatty acid chain length on membrane microdomain-mediated signal transduction. FEBS letters 584(9), 1642-52, 2010.
  6. Sonnino S, Prinetti A, Nakayama H, Yangida M, Ogawa H, Iwabuchi K: Role of very long fatty acid-containing glycosphingolipids in membrane organization and cell signaling: The model of lactosylceramide in neutrophls. Glycoconjugae J 26(6), 615-21, 2009.
  7. Nakayama H.: Role of LacCer-enriched membrane microdomains in CD11b/CD18-mediated neutrophil phagocytosis. Trends Glycosci. Glycotech 20(115), 259-67, 2008.
  8. Nakayama H, Iwahara C, Takamori K, Ogawa H and Iwabuchi K: Lactosylceramide is a pattern recognition receptor that forms Lyn-coupled membrane microdomains on neutrophils. Immun., Endoc. & Metab. Agents in Med. Chem 8(4), 327-35(9), 2008.
  9. Nakayama H, Yoshizaki F, Prinetti A, Sonnino S, Mauri L, Takamori K, Ogawa H, Iwabuchi K: Lyn-coupled LacCer-enriched lipid rafts are required for CD11b/CD18-mediated neutrophil phagocytosis of non-opsonized microorganisms. J Leuk Biol 83(3), 728-41, 2008.
  10. Yoshizaki F, Nakayama H, Iwahara C, Takamori K, Ogawa H, Iwabuchi K: Role of glycosphingolipid-enriched microdomains in innate immunity: Microdomain-dependent phagocytic cell functions. Biochim Biophys Acta 1780(3), 383-92, 2008.
  11. Iwabuchi K, Prinetti A, Sonnino S, Mauri L, Kobayashi T, Ishii K, Kaga N, Murayama K, Kurihara H, Nakayama H, Yoshizaki F, Takamori K, Ogawa H, Nagaoka I: Involvement of very long fatty acid-containing lactosylceramide in lactosylceramide-mediated superoxide generation and migration in neutrophils. Glycoconjugate Journal 25(4), 357-74, 2008.
  12. Yanagida M, Nakayama H, Yoshizaki F, Fujimura T, Takamori K, Ogawa H, and Iwabuchi K: Proteomic analysis of plasma-membrane lipid rafts of HL-60 cells. Proteomics 7, 2398-2409, 2007.
  13. Sato T, Iwabuchi K, Nagaoka I, Adachi Y, Ohno N, Tamura H, Seyama K, Fukuchi Y, Nakayama H, Yoshizaki F, Takamori K and Ogawa H: Induction of human neutrophil chemotaxis by Candida albicans-derived β-1, 6 long glycoside side chains-branched β-glucan. J Leuk. Biol 80, 204-11, 2006.

日本文総説

  1. 中山仁志、岩渕和久 抗酸菌感染とリピドラフト、化学療法の領域22, 8, 67-73, 2006

招待講演(国外)

  1. Nakayama H, Iwabuchi K. The involvement of LacCer-enriched lipid rafts in mycobacterial infection. Gordon Research Conferences (Glycolipid and Sphingolipid biology). IL Ciocco, Italy Feb 2008.

招待講演(国内)

  1. 中山仁志、吉崎史子、柳田光昭、プリネッティ アレッサンドロ、ソンニーノ サンドロ、堀賢、高森建二、小川秀興、岩渕和久: 病原性抗酸菌の食胞成熟阻害機構におけるラクトシルセラミドの役割について 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会、ワークショップ「細菌感染の分子基盤」、横浜、Dec. 2007.
  2. 中山仁志、吉崎史子、柳田光昭、プリネッティ アレッサンドロ、ソンニーノ サンドロ、堀賢、高森建二、小川秀興、岩渕和久: 好中球のCD11b/CD18を介した貪食におけるラクトシルセラミドのリピドラフトの役割について 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学 会大会 合同大会、ワークショップ「細胞生理機能を支える機能場の生体膜における動的な生成と消滅:生体膜マイクロドメイン」横浜、Dec. 2007

国際会議

  1. Nakayama H, Kurihara H, Prinetti A, Sonnino S, Masuda H, Iwahara C, Takamori K, Ogawa H, and Iwabuchi K: Pathogenic mycobacteria utilize LacCer-enriched membrane microdomains to escape from killing by human neutrophils. The 31st Naito conference on Glycan Expression and Regulation (II). Sapporo, Japan Sep 2011.
  2. Nakayama H, Kurihara H, Prinetti A, Sonnino S, Masuda H, Iwahara C, Takamori K, Ogawa H, Iwabuchi K: The disruption of LacCer-enriched membrane microdomains-mediated signaling by pathogenic mycobacteria. 25th International Carbohydrate Symposium; ICS2010. Chiba, Japan Aug 2010.
  3. Nakayama H, Kurihara H, Prinetti A, Sonnino S, Iwahara C, Kina K, Takamori K, Ogawa H, Iwabuchi K: Cooperation of CD11b/CD18 with Lyn-coupled LacCer-enriched membrane microdomains during phagocytosis of mycobacteria in human neutrophils. The 9th World Congress on Inflammation. Tokyo, Japan Jun 2009.
  4. Nakayama H, Yoshizaki F, Mauri L, Prinetti A, Sonnino S, Takamori K, Ogawa H, Iwabuchi K: Involvement of LacCer-enriched microdomains in Mac-1- (CD11b/CD18-) mediated neutrophil phagocytosis. Glycobiology & Sphingobiology 2007 -Hakomori Commemorative Forum -. Tokushima, Japan Feb 2007.
  5. Nakayama H, Yoshizaki F, Mauri L, Prinetti A, Sonnino S, Takamori K, Ogawa H, Iwabuchi K: Involvement of LacCer-enriched microdomains in Mac-1- (CD11b/CD18-) mediated neutrophil phagocytosis. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress. Kyoto, Japan, Jun 2006.
  6. Nakayama H, Yoshizaki F, Kobayashi H, Ishii K, Mauri L, Prinetti A, Sonnino S, Takamori K, Ogawa H, Iwabuchi K: The roles of LacCer-enriched glycosignaling domain in neutrophil functions (II) -Role of fatty acid chains of LacCer on phagocytosis-. XVIII International Symposium on Glycoconjugates. Florence, Italy, September 2005. Glycoconjugate J. 22, 354, 2005
  7. Yoshizaki F, Nakayama H, Kobayashi H, Ishii K, Mauri L, Prinetti A, Sonnino S, Takamori K, Ogawa H, Iwabuchi K: The roles of LacCer-enriched glycosignaling domain in neutrophil functions (I) -Visualization of LacCer-mediated neutrophil phagocytosis-. XVIII International Symposium on Glycoconjugates. Florence, Italy, September 2005. Glycoconjugate J. 22, 354, 2005

国内学会

  1. 中山仁志, 栗原秀剛, 森田康裕, 木下タロウ, 高森建二, 小川秀興, 岩渕和久: 病原性抗酸菌由来リポアラビノマンナンとラクトシルセラミドの膜マイクロドメインを介した食胞成熟阻害機構について. 第84回日本生化学会大会, 京都, 平成23年9月
  2. 中山仁志, 栗原秀剛, 高森建二, 小川秀興, 岩渕和久: 病原性抗酸菌によるラクトシルセラミドを介した細胞内シグナル伝達の攪乱機構. 第3回セラミド研究会, 東京, 平成22年11月
  3. 中山仁志, Alessandro Prinetti, Sandro Sonnino, 栗原秀剛, 岩原知博, 増田浩美, 高森建二, 小川秀興, 岩渕和久: 病原性抗酸菌はラクトシルセラミドの膜マイクロドメインを介した食胞成熟機構を攪乱する. 第82回日本生化学会大会, 神戸, 平成21年10月
  4. 中山仁志, 栗原秀剛, Alessandro Prinetti, Sandro Sonnino, 岩原知博, 喜納勝成, 高森建二, 小川秀興, 岩渕和久: ラクトシルセラミド(LacCer)のリピドラフトは好中球による病原性抗酸菌の取り込みに必要である. 第31回日本分子生物学会第81回日本生化学会大会合同大会, 神戸, 平成20年12月
  5. 中山仁志, 栗原秀剛, Alessandro Prinetti, Sandro Sonnino, 岩原知博, 喜納勝成, 高森建二, 小川秀興, 岩渕和久: 好中球における病原性抗酸菌のLacCerのリピドラフトを介した貪食機構について. 第28回日本糖質学会, つくば, 平成20年8月
  6. 中山仁志, 吉崎史子, 柳田光昭, Alessandro Prinetti, Sandro Sonnino, 堀賢, 高森建二, 小川秀興, 岩渕和久: インテグリンαM/β2・ラクトシルセラミド-複合体を介した好中球の貪食機構について. 第28回日本炎症・再生学会, 東京, 平成19年8月
  7. 吉崎史子, 中山仁志, 加賀直子, 小林俊秀, 高森建二, 小川秀興, 岩渕和久: マウス好中球LacCerの構造と機能について 第49回脂質生化学会, 札幌, 平成19年6月
  8. Nakayama H, Yoshizaki F, Yanagida M, Prinetti A, Sonnino S, Hori S, Inatomi K, Takamori K, Ogawa H, Iwabuchi K: Role of LacCer-enriched GSD in β2 integrin-mediated neutrophil phagocytosis. 第26回日本糖質学会大会,仙台,平成18年8月
  9. 中山仁志, 吉崎史子, 高森建二, 小川秀興, 岩渕和久: 好中球の貪食機構におけるラクトシルセラミドのグリコシグナルドメインの役割について. 好中球研究会, 千葉, 平成17年12月
  10. 柳田光昭、中山仁志、吉崎史子、藤村務、高森建二、小川秀興、岩渕和久:HL60細胞の界面活性剤不溶性膜画分のプロテオミクス解析、第28回日本分子生物学会、2005年12月7-10日、福岡ヤフードーム
  11. Nakayama H, Yoshizaki F, Yanagida M, Owada A, Kobayashi T, Prinetti A, Sonnino S, Takamori K, Ogawa H, Iwabuchi K: Role of lactosylceramide in neutrophil phagocytosis. 第78回日本生化学会大会, 神戸, 平成17年10月, 生化学 77, 872, 2005
  12. 中山仁志、吉崎史子、柳田光昭、高森建二、小川秀興、岩渕和久. 好中球の貪食反応におけるラクトシルセラミドの役割について. 第25回日本糖質学会年会, 大津, 平成17年7月
  13. 中山仁志、吉崎史子、柳田光昭、高森建二、小川秀興、岩渕和久. 好中球の貪食反応におけるラクトシルセラミドの役割について. FCCA若手セミナー, 岐阜, 平成17年6月

教育内容

  • 募集要項・インターネット出願
  • 受験生応援サイト
  • Open Campus
  • 入試情報
  • 学部案内パンフレット
  • 資料のご請求
  • メールマガジン登録
  • 入試情報
  • 資料のご請求
  • 受験生応援サイト
  • 学部案内パンフレット
  • 国際交流
  • メールマガジン登録
  • 教員公募

アクセスマップ

MAP画像

順天堂大学医療看護学部
浦安キャンパス
〒279-0023 千葉県浦安市高洲2-5-1
TEL: 047-355-3111(代表)

Google mapはこちら

  • 順天堂大学大学院医療看護学研究科
  • 国際交流
  • 東日本大震災関連
  • 教員公募