• 順天堂大学医療看護学部
  • アクセスマップ
  • 資料請求

卒業生からのメッセージ

看護師の仕事って何だろう?

順天堂大学の医療看護学部を卒業した、先輩たちからのメッセージです。
実際に医療現場で働く先輩の声を参考に、将来について考えてみましょう。

高度先端医療を展開

順天堂医院 産科病棟勤務
(医療看護学部4回生)

産科病棟で助産師として勤務しています。管理入院している妊婦さんやじょく婦さんの診察介助、点滴や内服管理などを行い、新生児室では、出生直後の新生児のケア、沐浴をはじめ、授乳援助や育児支援を担当しています。外来では、妊婦検診、助産師外来、育ママ外来、母親学級や両親学級を行っています。妊娠、出産、育児に至る過程は様々です。そのかけがえのない時間を患者さんと共有できることは、責任も大きくやりがいを感じます。現在の日々の目標は、患者さんの安全安楽を第一にケアを行うことです。日々の業務では、迷ったり疑問に感じたりする場面も少なくありません。そのようなときは、何よりもまず『患者さんにとって何が最善なのか』を考えられる看護職者になりたいと思います。

MY WORK STYLE!

救命救急、がん治療の拠点

静岡病院 救命救急センター勤務
(医療看護学部7回生)

救命救急センターでは、ドクターへリや救急車で搬送された緊急を要する患者さんの初療看護などを行っています。救急外来では、まず患者さんの全身状態を把握しなければなりません。危機的状況から一刻も早く救うためにも、迅速で的確な判断が求められます。仕事のやりがいを感じるのは、救急の場面でも患者さんから感謝の言葉をいただいた時です。静岡に赴任した当初は慣れないことも多かったのですが、学生時代の友人や先輩方がいることで励みになりました。大学の実習では様々な施設に出向きますが、その中で積極的に患者さんと関わることから学べることは少なくありません。学生時代の経験は貴重であり、将来どの分野に就職しても生かせることは多いでしょう。今後私自身も技術や知識の向上に努め、患者さんを第一に考えられる看護師 を目指して仕事に励んでいきたいと考えています。

MY WORK STYLE!

地域住民にも安心を提供する病院を目指して

浦安病院 救命救急センター勤務
(医療看護学部7回生)

私は主に、救急外来で仕事をしています。救急外来には、一次から三次救急患者さんが来院します。年齢層も小児から高齢者まで幅広く、様々な疾患を抱えた方々を対象に一人ひとりの個別性に合わせて看護を提供しています。仕事にやりがいを感じるのは、患者さんの状態変化にいち早く気づき、医師との連携で早期に治療を開始できたときです。救急外来に来院する患者さんは、何らかの不安を抱えています。そのような方から「話を聞いてくれてありがとう」「気分が楽になった」といった言葉が聞けると嬉しく思います。学生時代の実習で患者さんと触れ合った経験はとても貴重で、今の仕事で迷った時に答えを導き出す糧にもなっています。今後は臨床でもっと経験を積み、認定看護師の資格を取得したいと考えています。

MY WORK STYLE!

精神医療を専門とする地域拠点

順天堂越谷病院 閉鎖病棟勤務
(医療看護学部5回生)

私は現在、閉鎖病棟で統合失調症や認知症の患者さんの看護にあたっています。興奮した患者さんの対応などで緊張を強いられることも時々ありますが、患者さんから優しい言葉をかけてもらうこともあり、精神科で働くことのやりがいを実感しています。看護を進める中では、患者さんとのコミュニケーション能力に加えて、緊張をほぐして和ませるユーモアのセンスも大切だと感じる事も多く、先輩の対応を参考にしています。私は学生時代の実習などを通じて精神科に就職することを決めました。卒業後すぐに精神科に進むかどうか迷いましたが、自分の興味のある分野を極めようと決心して就職しました。学生時代の友人と近況を報告し合うことも自分の仕事への刺激になっています。

MY WORK STYLE!

高齢者医療を専門とする地域拠点

順天堂東京江東高齢者医療センター 内科病棟勤務
(医療看護学部1回生)

私は内科病棟に勤務して6年目になります。混合内科ですので当初は様々な疾患や検査について学ぶことで精いっぱいでした。しかし今では複数の疾患を抱える患者さんを総合的にケアできるようになったと思います。毎日の看護について迷うことや困ることもありますが、患者さんやご家族がより良い療養生活を送れるよう、看護チームや他職種と協力して頑張っています。患者さんと共に悩みながら一緒にゴールを定めて達成できた時、「看護師になってよかった」と実感します。周りには経験豊かな先輩方がいるので、仕事のことからプライベートなことも相談できる環境です。私は3年次の実習で高齢者看護に楽しさを感じてこの病院を選びました。学生時代は勉強や実習の連続で大変でしたが、努力したことや経験したことは今も役立っています。これからも看護師であることに誇りを持って、楽しみながら働き続けていきたいと思います。

MY WORK STYLE!

ITを活用した地域医療を展開

練馬病院 小児科病棟勤務
(医療看護学部4回生)

小児科では、内科、外科、NICU(新生児集中治療室)などで看護全般に携わっています。毎日学ぶことばかりで、時に落ち込むこともありますが、病棟で赤ちゃんの寝顔を見たり、病状が安定してきた子どもたちの穏やかな表情を見ると勇気づけられます。子どもたちの『看護師さん、ありがとう』の一言は最高の褒め言葉であり、私の原動力となっています 。小さな手で一生懸命書いてくれた感謝の手紙や似顔絵などをプレゼントされたときは感動もひとしおです。私がこの分野に進むきっかけとなったのが、2年次の幼稚園実習で子どもたちと触れ合ったことでした。ヒューマンケアの観点からも、学生時代は積極的に多くの人と触れ合っておくとよいでしょう。今後は患者さんのご家族が安心して看護を任せてくれるよう、コミュニケーションを密に取りながら、ニーズに沿った看護を提供できるように頑張ります。

MY WORK STYLE!

地域の保健・医療・福祉に貢献する

北区役所障害福祉課 保健師
(医療看護学部1回生)

東京都北区の保健師として、北区役所障害福祉課の王子障害相談係に勤務しています。主に精神疾患や難病患者の方を対象に福祉サービスの調整や相談受付などを行っています。病院以外に外出先がなかった人や一人暮らしの人が窓口に来て『相談してよかった』と笑顔で帰る姿を見ると、仕事へのやりがいを感じます。学生時代は水泳部に所属して、医学部の先輩や後輩、友人ができてつながりが広がったことが、大きな財産です。看護学は幅広いので、興味がある分野だけでなく、将来、どんな部署に配属されても対応できるように、学生のうちに多くの知識を身に付けておくとよいでしょう。また、私は主任主事になりましたが、そのために地方自治法や地方公務員法などを勉強しました。今後は、日々変化していく行政と医療福祉の動きを敏感に感じながら、相談窓口を訪れる人に、より良いサービスを提供して活躍したいと考えています。

MY WORK STYLE!

自宅での療養生活を支援する

東京都内の訪問看護ステーションに勤務する訪問看護師
(順天堂医療短期大学15回生)

東京都江東区にある、あすなろ訪問看護リハビリステーション毛利で訪問看護師として勤務しています。NICUを退院した赤ちゃんや先天性疾患を持つ子ども、重症心身障害児を訪問して、自宅で安定して過ごせるよう、体調管理や入浴サポート、成長発達支援、育児相談などを担当しています。卒業後は、順天堂医院で長期入院する乳幼児の在宅医療への移行を支援していました。自宅で過ごせることは幸せなことですが、そのための家族の負担は大きく、何か支援ができたらと考え、この分野に進みました。時には家族とともに悩みながら子どもの成長を共有できること、1つのケースにじっくりかかわれることに魅力を感じています。大変なこともありますが、学生時代の友人も頑張っていると思うと励みになります。これからも、地域や他職種の方々と連携して、子ども達が笑顔で過ごせるよう、またご家族が安心して在宅で過ごせるようにサポートしていきたいと思っています。大学に入学すると講義や実習で忙しい毎日になりますが、友人との時間を大切にしながら充実した学生時代が過ごせるよう頑張って下さい。

MY WORK STYLE!
進路・就職
  • 入試情報
  • 資料請求
  • アクセスマップ
  • 学部案内
  • メールマガジン
  • サイトマップ