• 順天堂大学医療看護学部
  • アクセスマップ
  • 資料請求

看護職の進路

自分の未来がわかる!進路・就職

「看護の仕事をしたい」
将来の夢を抱いて医療看護学部で学んだその先には、医療・保健・福祉などの現場で活躍したり、看護の研究をするといった未来が待っています。医療看護学部では、学生の皆さんの進路・就職支援を全力で応援しています。
多くの先輩が「なりたい自分」を実現しています。皆さんも輝く未来の自分をみつけましょう。

なりたい自分を探してみよう

看護職の進路を考える場合、どのような職種で働くか、どの場所で働くか、さらには経験を積んでより専門的な看護を行うか、など様々な方向性があります。そこで医療看護学部で学ぶことで実現できる未来を紹介しますので、ぜひ卒業後の進路の参考にしてください。

高い知識や専門レベルを要求される看護職者として働く

職種から選ぶ

看護師として働く

病院や診療所など、様々な現場で医師の指示のもとに診療の補助をしたり、患者さんの生活のサポートをします。患者さんと一番身近に接することが多いので、技術だけでなく人間性も求められる職業です。

看護師になるまでの流れ
流れ図

私たち医療看護学部では
理論と実践の学習を通して、看護の基礎能力と応用能力を育てます。看護師に必要な「看護師国家試験受験資格」の取得を目指すだけでなく、統合科目として多彩なプログラムを用意しており、また医学部の教員による講義を充実させて専門性を高めるような教育をしています。
助産師として働く

妊娠中だけでなく、分娩介助から出産・産後のサポート、新生児のお世話などをします。出産前後の不安が多い母親やその家族との良いパートナーシップも求められる職業です。助産所を開設することができる点では、お産に関しては医師と同様の責任があります。

助産師になるまでの流れ
流れ図

私たち医療看護学部では
助産師課程を希望する場合は、低学年の成績が加味され、さらに選抜試験を突破しなくてはいけません。「助産実習」で行う、一人の女性と家族に対する継続した助産ケアは、とても良い経験になるでしょう。卒業時には、「看護師国家試験受験資格」や「助産師国家試験受験資格」を取ることができます。
保健師として働く

自治体の保健所・保健センターなどで、健康増進や疾病予防に関する活動として健康相談や保健指導などを行い、乳幼児から高齢者まで、地域に住む人々が健康的な生活を送っていけるようにサポートします。また、学校や会社に勤務し、そこに集まる子どもや社員全体の健康を守る役割も果たしています。

保健師になるまでの流れ
流れ図

私たち医療看護学部では
保健師を希望する学生全員が保健師課程を選択することができます。保健師課程では、授業が1・2年次から順次始まり、4年間で地域全体の健康をマネジメントするために必要な能力を身に付けていきます。4年次には、千葉県内の保健所・保健センターでの実習を通して、管轄地域の健康問題を抽出し、地域住民への具体的な働きかけ方等を学びます。卒業時には、「看護師国家試験受験資格」に加え「保健師国家試験受験資格」を得ることができます。

病院で看護職者として働く

救命救急センターで働く

救命救急センターでは、心肺停止や意識障害、交通事故によるケガや全身熱傷(やけど)など生命の一刻を争うような患者さんの看護をします。また、救命救急センターに運ばれてきた患者さんのご家族は、突然のことで動揺している方も多く、医師からの病状の説明を聞けるような状態でない場合もあります。家族の精神的なケアも救命救急センターで働く看護師の大切な役割の一つです。

集中治療室(ICU)で働く

大きな手術を受けた後の患者さんや、病気が悪化した重症の患者さんなど、病気の内容に関わらず集中的な治療を必要とする様々な患者さんを看護します。ICUに入室している患者さんの多くは、24時間体制で管理され、血圧や呼吸などを常にモニタリングされます。そのため心電図や人工呼吸器など生命維持に大きく関係する医療機器に、常に接している状況で働くことになります。ICUで働く看護師には、看護師としての基本的な知識技術のほか、患者さんの状態変化に敏感かつ急変にもすぐに対応できることが重要になります。

手術室で働く

手術室で働く看護師は、手術を行う医師、手術を受ける患者さん双方のサポートを行う役割を担っています。手術室看護師の主な仕事内容は2つあり、手術がスムーズに行えるよう医師に手術器具を手渡すなど、主に医師のサポートを行う「器械出し」と、手術で不安の大きい患者さんの心身のケアを行い、手術室全体の流れをマネジメントする「外回り」があります。

小児科病棟で働く

小児科病棟は0~15歳までの患者さんを対象にしています。こどもは自分の症状をうまく伝えることができないため、看護師には言葉や表情などの些細な変化を見逃さずに読み取る力が求められます。また、こどもの発育・発達にあわせた幅広い知識と、様々な病気に対する看護を身につけるだけでなく、こどもとその保護者に寄り添った心身の看護やコミュニケーション能力も大切になります。

外来で働く

「外来」は、病気を持つ人、ケガをしたり健康に異常を感じた人が訪れ、診断を受け治療方針を決定する場所です。外来は病院によって様々な診療科があり、一日にたくさんの人が訪れます。生活習慣病の増加や高齢化社会の進展などの影響もあり、継続的に治療が必要となる人や、緊急処置が必要な人、入院が必要となる人など、様々な患者さんを対象に看護を行います。また患者さんが、医師の治療方針を理解し、今よりも良い状態で次の外来診察日に来院できるよう、患者さんに服薬や食事制限、運動療法などの説明、指導することも外来看護師の大切な仕事です。

病院以外の場所で看護職者として働く

在宅看護の場で働く

訪問看護師は、訪問看護ステーションや診療所、病院の在宅医療支援関連の部署に所属し、在宅療養中の患者さんを看護します。患者さんや患者さんのご家族の健康状態や生活状況をふまえ、地域の医師や福祉職等と協働しながら「住み慣れた家で安心して過ごしたい」という患者さんの希望に沿えるようにサポートしています。

自治体で働く

自治体の保健所・保健センターなどで、乳幼児健診・育児相談、生活習慣病やがんの健診、介護予防等を担当します。ご家庭を実際に訪問したり、子育てなど同じ悩みを持つ住民同士が集まって話し合える場づくりをしながら、乳幼児から高齢者まで、地域の住民がその地域でより健康的な生活を送っていけるようにサポートします。

学校で働く

いわゆる「保健室の先生」です。学校に通う児童・生徒や、教職員の健康を守るために、校内でけがをしたり具合が悪くなった人の対応をするだけでなく、健康診断やワクチン接種の準備・実施や、校内の環境整備なども行います。また、児童・生徒が自分の身体やこころを理解し、生涯にわたって健康的に生活していける力を身に付けられるように、「保健」の授業や「保健だより」などで教育的な関わりも行っています。

一般企業で働く

会社で働いている従業員の健康管理やメンタルヘルスに関わっています。また、病気やけがで入院等をして会社を休んでいた従業員が、円滑に復職できるように相談に乗ったり、部署の上司に働きかけたりもします。従業員が健康を害することなく、生き生きと働き続けられるように支援しています。

高齢者介護施設で働く

介護を必要とする高齢者が利用する施設において、健康管理や医療的な処置、生活援助を通して高齢者の暮らしを支えます。

海外で働く

広い視野を持って、世界各国で看護師として働く先輩は多くいます。私たち医療看護学部では、米国での海外研修や、学部間協定を結んでいるタイのタマサート大学での学習などにより、海外の医療施策や医療事情を知ることで、卒業後、国際的に活躍できる力を養うことができます。また、国によって看護職として働くのに必要な資格が違うので、海外での就職を希望する学生には、卒業生などの体験・経験を元にしたサポートも行っています。

高い知識や専門レベルを要求される看護職者として働く

大学教員・研究者として働く

看護、または看護者の質の向上や充実のために、教育・研究をします。私たち医療看護学部では、大学院担当教員が中心となって学部教育も担当しています。医療看護学研究科では高度な看護学の教育者・研究者の育成を目指した教育・研究を行っています。順天堂大学で大学院担当教員となるためには、原則として博士の学位を取得する必要があります。そのため、医療看護学研究科に所属するほとんどの教員は既に博士号の学位を持っています。

専門看護師として働く

専門看護師とは、特定の専門看護分野の知識と技術を高めて質の高いケアを行うだけでなく、個人や家族などの権利を守る倫理的問題の解決や、教育活動・研究活動なども行い、保健・医療・福祉における看護学の発展にも貢献できる看護職の資格です。私たち医療看護学部では、専門看護師の資格を持つ教員や指導者が看護教育を行っているため、集学的かつ専門的な看護について学ぶことができます。また、併設されている大学院医療看護学研究科には、日本看護協会で定められている11の専門看護分野のうち、6分野の専門看護師コースを設置しており、たくさんの卒業生が専門看護師として活躍しています。今後他の分野のコースも順次開設する予定です。

認定看護師として働く

認定看護師とは、特定された21の看護分野において、熟練した看護技術と知識で、質の高い看護を提供する看護師の資格です。上記の専門看護師より細かい分野に分かれており、より臨床現場でのより実践的な役割を持っています。私たち医療看護学部では、認定看護師として活躍している卒業生や教員が臨地実習での指導や講義を行っています。そのため、最新でより実践的な看護技術を学ぶことができます。

進路・就職
  • 入試情報
  • 資料請求
  • アクセスマップ
  • 学部案内
  • メールマガジン
  • サイトマップ