• 順天堂大学医療看護学部
  • アクセスマップ
  • 資料請求

小児看護方法論

子どもの成長に合わせた看護を学ぶ

授業風景 「小児看護方法論」(3年次)では、子どもと家族を看護するための知識と技術を学びます。小児看護では、出生直後の新生児から乳児、幼児、学童、思春期と、人として重要で大きな成長を遂げる各期を対象とします。

このような子どもの成長発達などを学ぶ「小児看護学概論」(2年次)や子どもの特有な疾病と治療を学ぶ「小児の健康障害と看護」(2年次)などを基盤にして、子どもや家族の置かれている状況を理解し、どのような看護が必要になるのかを考えるのです。

ここがポイント!先生が語る授業内容

子どもと家族を看護するために必要な知識を学ぶ

具体的には、子どもが看護される場所、子どもによくみられる症状と看護、子どもの事故と救急蘇生など子どもの成長発達に合わせた小児看護について講義形式で学びます。演習では、赤ちゃんの人形などを用いて、子ども特有の看護技術を学びます。

また、手術を受ける子どもと家族の看護や慢性的な疾患を抱える子どもと家族の看護などさまざまな場面における小児看護を幅広く学びます。これらの学習を踏まえて、3年次後期から4年次前期の「保育所・幼稚園・認定子ども園」や「病棟実習」を行います。(西田みゆき 准教授)

授業紹介
  • 入試情報
  • 資料請求
  • アクセスマップ
  • 学部案内
  • メールマガジン
  • サイトマップ