• 順天堂大学医療看護学部
  • アクセスマップ
  • 資料請求

小児看護学実習

遊びや対話を通して学ぶ

授業風景 すべての子どもたちは健康に生まれ、健やかに成長する権利を持っています。小児を対象とした病棟実習では、疾患や障がいを抱えながら入院生活を送っている子どもたちに寄り添い、その子らしく生活できるように支援する看護を学びます。

ここがポイント!先生が語る授業内容

乳幼児との遊びや対話を通して、生活について学ぶ

小児看護学実習は、3年次後期から4年次前期にかけて、保育園・幼稚園、病棟、外来で行います。 保育園・幼稚園実習では、1~2人ずつ浦安市内の保育園と幼稚園で1日ですが、実際に乳幼児の生活を参加観察して遊びや対話を通して学びます。 

病院や福祉施設での実習を通して、生活支援について学ぶ

小児病棟実習では、疾患や障がいを抱えながら入院生活を送る子どもの生活援助や遊び、学習支援を通して、家族を含めた看護問題を導くための情報の収集、アセスメント、看護計画を立案し、その計画に沿って実践します。そして、外来実習では、検査、診察、問診や計測などを通して、外来の看護職者の役割について学びます。

小児看護学では、健康な子ども、疾患や障がいを抱える子どもと家族と意思疎通を図り、子どもの権利を尊重してその子らしく生活できるように、また家族の負担も最小限に抑えられるように看護を提供します。特に、家族の意向だけが最優先されることのないよう子どもの意見を引き出し、子ども本人が納得して医療に立ち向かえるようにするために子どもを慈しむ配慮が求められます。 (伊藤 龍子 教授)

授業紹介
  • 入試情報
  • 資料請求
  • アクセスマップ
  • 学部案内
  • メールマガジン
  • サイトマップ