• 順天堂大学医療看護学部
  • アクセスマップ
  • 資料請求

母性看護学概論

女性の生涯を応援したい

授業風景 母性看護は女性の周産期のケアを中心に、ライフサイクルを視野に入れた健康をサポートします。この母性看護学概論は助産学の基礎となっており、女性が妊娠から出産して子どもを育てる過程を理解し、母子とその家族に必要な援助を学びます。

ここがポイント!先生が語る授業内容

女性が健康な生活を送るために必要な知識を学ぶ

母性看護学では、女性が生涯を通じて健康な生活を送るために必要な看護を学びます。

2年次に行われる「母性看護学概論」では、母性に関する倫理的な問題や母性保健の動向、母子保健政策などを理解し、「女性の健康と看護」では、思春期から老年期までのライフサイクル各期の健康課題と援助について学びます。さらに、「周産期の看護」では、女性が子どもを出産して育てる過程を理解し、妊娠中から産後の母子とその家族の援助のために必要な知識と技術を学びます。

演習や実習を通して、看護職に必要な知識を学ぶ

授業は、講義だけでなく、沐浴などの看護技術の演習やグループワークを取り入れることで、学生自身が主体的に取り組めるよう工夫しています。将来、母親や父親になる学生自身にとっても有意義な科目であることはもちろんのこと、助産学の基礎にもなるため、助産師を目指す際の必要な知識を身に付けられます。

3年次後期から4年次前期には、分娩の立ち会いや産後の母子をケアする「母性看護学実習」が行われますので、この2 年次に修得した知識を実際に生かすことができます。(高橋 眞理 教授)

授業紹介
  • 入試情報
  • 資料請求
  • アクセスマップ
  • 学部案内
  • メールマガジン
  • サイトマップ