• 順天堂大学医療看護学部
  • アクセスマップ
  • 資料請求

高齢者看護学概論

高齢者の支援と援助方法を学ぶ

授業風景 高齢者看護学では高齢者の健康を維持増進する支援方法と、病いと死に向き合う高齢者への援助方法を学びます。

ここがポイント!先生が語る授業内容

高齢者の健康を守るために必要な知識を学ぶ

「高齢者看護学概論」は高齢者看護学の基盤として、老化や疾病などの身体的特徴、人生史や社会背景をふまえた心理的特徴、家族関係や様々な生活の場を背景とした社会的特徴、そして高齢者の健康を守る社会のしくみについて学びます。
また、老いの否定的な面だけでなく「強み」についても捉えていきます。

ディベートやシニアシミュレーションを通して、必要な知識を学ぶ

看護では相手の立場に立って感じ、考えることが重要になります。しかし、若い学生にとって老いは未知であり、理解しづらいと感じるでしょう。この科目では講義だけでなく、高齢者の身になって考えるディベートや、装具を付けて目や耳の不自由さや疲労感などを体験しながら生活することを想像するシニアシミュレーションを取り入れています。

高齢者看護学概論を履修した後は、高齢者の援助に必要な知識・技術を学び、高齢者が療養する施設での実習を経て、病院で治療を受ける高齢者の看護を展開する実習へと学習を重ねていきます。(湯浅 美千代 教授)

授業紹介
  • 入試情報
  • 資料請求
  • アクセスマップ
  • 学部案内
  • メールマガジン
  • サイトマップ