• 順天堂大学医療看護学部
  • アクセスマップ
  • 資料請求

英語表現

ネイティブの医療英語を学ぶ

授業風景 社会の変化とともに、医療現場でもグローバル化が進んでいます。ネイティブ教員による英会話の授業では、ゲームや音楽などを用いて、楽しく英語に触れながら日常会話を学びます。また、医療現場で看護師として患者さんとのコミュニケーションに役立つ医療用語なども修得します。

ここがポイント!先生が語る授業内容

個人・ グループ課題を通して国際的に通用 する英語スピーキング力を養う

英語の必修・選択授業では、日常会話だけではなく、将来、看護職者として必要となる医療用語や臨床会話の表現も学びます。1年次の選択授業、ネイティブ講師による「英語表現」の授業では、教育・ビジネス界で「21世紀の4C」といわれる4技能(Communication,Critical Thinking, Collaboration,Creativity)の習得を目標に、個人・グループ課題を通して国際的に通用する英語スピーキング力を養います。

臨床現場での会話表現を実践的に学ぶ

1年次の必修授業では、多読多聴によって欧米文化に親しむとともにリスニング・読解・文法の学習を通して英語基礎力を養成します。医療・看護英語に特化した2年次の必修授業では、臨床現場での会話表現を実践的に学びます。このほか、海外の最新医療文献を講読する「医療文献講読」、アウトプット(speaking/writing)に重点を置いた「メディア英語」など、国際派ナースを目指す学生のために1年次から4年次まで充実した内容の英語科目を配置しています。さらに、海外研修の英語補講、英語資格試験を目指す学生サポートや大学院を受験する学生の英語対策も行っています。
(宮津多美子 准教授)

授業紹介
  • 入試情報
  • 資料請求
  • アクセスマップ
  • 学部案内
  • メールマガジン
  • サイトマップ