• 順天堂大学医療看護学部
  • アクセスマップ
  • 資料請求

基礎看護方法論Ⅰ、Ⅱ

「援助とは何か?」を考え必要な技術を理解する

先輩が語る!

演習で体験する、初めての"実践"

基礎看護方法論の演習では、シーツ交換や清拭などの生活援助を中心とした技術を学びます。学生が、看護師役と患者役に分かれて、看護師がどのような援助を行えば、患者さんの生活の質を向上させることができるか、また自立を支援することができるのかを学ぶのです。一連の演習を通じて、患者さんを尊重して理解することの大切さを学ぶことができたと思います。将来は、看護師として適切な知識や技術を実践することはもちろん、患者さんと信頼関係が築ける看護師になりたいと考えています。

演習のイメージ

実習で見つけたたのしみ

実習で見つけたたのしみ

演習・実習体験談
  • 入試情報
  • 資料請求
  • アクセスマップ
  • 学部案内
  • メールマガジン
  • サイトマップ