2016年9月の記事

統合実習を終えて

統合実習は自分の約3年間の実習を通して、より深めたい分野を明らかにし、専攻した分野の実習に取り組みます。
私はがん看護を専攻して実習を行いましたが、がんの専門的な知識や、がん患者にどのような看護が必要とされるかを学ぶことができました。そして、看護とは何かという本質を再度実感することができました。私は、看護とは患者の「こう生きたい」を支えることだと考えています。

私にとって統合実習は、私の中の「看護とはなにか」をもう一度考え直す時間になりました。

h28_togo.jpg

4年 A.K

1

最近の記事

カテゴリー

検索

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ