2018年3月29日の記事

分野別実習

 順天堂大学医療看護学部では、3年生の後期から4年生の前期にかけて分野別実習があります。約5か月に渡る実習期間で、精神看護学実習、在宅看護学実習、成人看護学実習Ⅰ(周術期)、成人看護学実習Ⅱ(慢性期)、小児看護学実習、母性看護学実習、高齢者看護学実習という、7つの分野をまわります。患者とのコミュニケーションが重視されてきた1、2年生の実習と比べ、これまでに授業で学んだ知識や技術を総動員しても、更に今の自分には何が足りないのかということを強く考えさせられます。そのため毎日が新しい発見と勉強の積み重ねとなる、とても充実した実習です。病棟の看護師さんや担当教員から、厳しくも暖かいご指導を頂きながら、少しずつ自分が看護師になるのだということをようやく実感し始めてきました。命に関わる現場だからこそ一つ一つの動作が大切であり、自分の言動、行動に対してきちんと理由を説明できるようにする必要があると感じます。また、わからないことがあった時は実習グループの学生同士で話し合い、アドバイスしあうことにより、お互いによい刺激を受けながら実習を続けることができます。

 毎日の記録や勉強の多さに体力的、精神的に辛くなる時もありますが、将来自分が働くであろう環境で長い時間実習させていただけるので、看護学生はある意味恵まれていると思います。病棟の職員と患者の皆さんに感謝の気持ちを持ちながら、残りの実習期間も精一杯頑張っていきます。

3年 K.I

1

最近の記事

カテゴリー

検索

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ