2018年4月の記事

~フレッシャーズキャンプ~

 今年のフレッシャーズキャンプは2日間にわたって行われました。入学してから約1週間しかたっていませんでしたが、そんなことを感じないほど楽しく、時の流れを早く感じる2日間でした!

 1日目は、「患者の立場から看護職者に望むこと」というテーマで講演会が開かれました。めったに聞くことができないお話で、様々なことを学べる大変いい機会となりました。特に印象に残ったことは、「医療のことを勉強すればするほど患者さんから遠のいていくことがある」ということです。私にとっては初めての発見でした。たとえ、患者さんのためにしたことでも相手の立場から考えるとそうじゃないかもしれないということを理解し、決して決めつけた考え方はしてはいけないのだと学びました。また、避難訓練も行い、災害時のイメージを実際に感じることができました。

 2日目の午前中は、浦安市運動公園総合体育館でスポーツ健康科学部の先生と学生の方々が企画したレクリエーションで体を動かしました。

 最初は簡単な準備体操の為のダンスから始まり、身体や頭を使ったゲームなどを通して親睦を深めていき、まだ話したことがない人とペアを組んだりすることで、新しい友達も多くつくることができました。

h30_fc1.png

 午後は東京ディズニーシー・ホテルミラコスタでとても美味しい昼食を班の皆と一緒に食べ、その後、先生方と一緒にグループワーク、発表を行いました。テーマは「どのような看護職者を目指すか」、「自分が目指す看護職になるために、大学での4年間をどう過ごすのか」でした。人それぞれ違った理想の看護像や考えを持っている事がわかり、良い刺激を受けることができたと思います。

 最後に、1年後と4年後の自分に手紙を書きました。少し恥ずかしさもありましたが、初心を忘れないでほしいというメッセージを込めながら書いていきました。

h30_fc2.png

 これから4年間、私も含め201人全員が目標達成できるよう日々邁進していきたいと思います!!

1年 A.S

1

最近の記事

カテゴリー

検索

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ