2019年4月の記事

タイ研修

 3・4年生の中で希望する学生は、10日間タイに看護研修に行くことが出来ます。主に、タイの医療・制度・看護について学びます。日本とタイの違いを学ぶことで、考え方の幅が広がりました。タイはASEANのリーダー的な存在で、高度医療の提供やASEAN内の看護者教育にも力を入れており、とてもグローバル化が進んでいる国です。タイ研修を通して、日本に留まらず世界に目を向けていかなければならない事、タイの学生さんのレベルの高さなどを学び、自分も現状に満足するのではなく、常に向上心を持っていく必要があると思いました。

tai2019.png

 タイ研修ではバディが付いてくれ、日常的なケアをしてくれます。英語での会話になるので、自分の言葉を伝える事が難しいですが、タイの学生さんや先生方は皆さん優しいので安心です。他国の医療や看護、教育を知ることは自分の視野を広げることに繋がるので、みなさんも積極的に海外に目を向けて欲しいと思います。

tai2019_02.png

スキー実習

 こんにちは。私たち医療看護学部一年生は、 2/19〜23の5日間、山形県の蔵王スキー場にてスキー実習を行いました。スキー実習は選択制で、行きたい人が参加できる体制になっています。

ski1.png

 私はスキーが未経験で、スポーツ健康科学部の先生方に指導いただけるこんな貴重な体験はないと思い、参加しました。行ってみると、想像よりもずっと難しく、5日間で滑れるようになるとは到底思えないほどでした。ちなみに、実習はレベル別に班ごとに分かれていて、自分に合ったコースで練習・実践ができます。

ski2.png

 4日目は、自分達でコースを決めて山を巡る日です。ほとんどの人がリフトも数えるほどしか乗ったことがないなかで、転びながらも、初心者には難関と言われるコースを滑りきれた際には、目に涙が溢れました。あっという間のスキー実習は、美味しい食事と楽しい仲間と一緒に成長できて、とても楽しいひと時でした。次はどこで滑ろうか、今年の冬が待ち遠しいです。

1年 H.S

1

最近の記事

カテゴリー

検索

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ