2019年6月の記事

分野別実習

私は現在医療看護学部4年生です。今回は3年の後期から始まった分野別実習での体験を通して感じた事をお話しさせていただきます。
分野別実習が始まる前は、病院に行く事への緊張や、毎日の早起き、膨大な記録に対する漠然とした不安がありました。そんな始まりを迎えた6か月間の実習ももうすぐ終わりを迎えようとしています。
 私はこの実習期間中に終末期、つまり残された命が長くはない患者さんを受け持つことになりました。正直学生がそんな重要な時期の患者さんを受け持ってよいのか不安でした。
初めは自分に何ができるのかわからず、ただただ無力感を感じていました。しかし、その方と関わりを深めていき入院前の生活や家族の話を聞くほどに、患者さんが少しでも苦痛に感じることが減り、安楽に最期の瞬間を迎える事のためにできることを考えるようになりました。その日の実習が終わってからも患者さんのためにできることを考えたり、自分の1日の行動を振り返ったりしました。もうそこには6か月前の自分はいませんでした。
 分野別実習は先輩から聞いていた通り、毎日実習記録を書かなければいけないことがつらかったです。ですが、自分の未熟な部分や自信を持てる部分も見つけることができました。この6か月間という時間は将来看護師になって働く時間と比べればかなり短いものかもしれません。それでも私は必ずこれからの自分の人生での大きな糧になる経験を積むことができたと思っています。これから実習が始まる在学生の方やこの記事を読んでいる方に少しでも伝われば幸いです。

4年 R.K.

解剖・顕微鏡実習を終えて

5月に御茶ノ水キャンパスで行われた形態機能学の実習について紹介します!
御茶ノ水キャンパスで解剖・顕微鏡実習を行う前に、浦安キャンパスで医学部の教授から解剖についての基礎知識、献体がたくさんの方々のご厚意で成り立っているということについて講義が行われます。
そして後日、黙祷の後、解剖実習が始まりました。実際に亡くなられた方を目の前にすると、初めはご献体の生々しさに恐る恐る触れていましたが、時間が経てば教授の説明に沿いながら一つ一つ丁寧に観察し始め、質問をするなど積極的に実習に取り組む事ができました。
事前に教科書で人体の構造について学んで臨んだ実習でしたが、一人一人脂肪のつき方や血管の太さが異なり実際に見る事でしかわからない事が学べました。
改めて私たちの体の複雑さや個人差について知り、体を維持する事の難しさについて考える貴重な機会になりました。今回の実習を生かし、より良い看護師になるための学習の励みにしていきたいと思います!

kaibou.jpg

1年 R.T.

1

検索

最近の記事

カテゴリー

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ