2022年6月の記事

フィジカルアセスメントを通して

 今回はフィジカルアセスメントの授業について紹介します!

 フィジカルアセスメントとは「フィジカル(身体的な)」「アセスメント(情報を意図的に集めて判断する)」という言葉の通り、問診や視診・触診・聴診・打診を通してさまざまな情報を集めて分析し、患者さんの状態を判断することです。授業では、患者さんをフィジカルアセスメントする上で必要な手技を演習形式で学びます。今まで習ってきた知識、この授業で習う手技を使い、身体で起きていることは何かをアセスメントし、看護ケアに繋げていく練習をします。

 初めに講義で手技について学び、その後実際に練習します。また、グループで話し合いを行いながら、呼吸音や心臓音の違いなどについて理解を深めていきます。学生同士だけではなく、先生とも意見交換することができ、授業のたびに新たな学びを得ることができます。
シミュレーターを使うと正常と異常の違いをより実践的に学ぶことができます。今まで学習した知識を踏まえてシミュレーションを行うため、講義だけではイメージが湧かなかったことがこの学習を通してイメージ化を図ることができます。

3年 M.S

physical.jpg

1

検索

最近の記事

カテゴリー

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ