フィジカルアセスメント

今回は3年生のフィジカルアセスメントという授業について紹介します。

この授業では、患者さんの今の状態を知るための問診・視診・聴診・触診・打診の方法とアセスメント(評価)の仕方などを学んでいます。1、2年次に学ぶ基礎看護学での技術や形態機能(人体の作りを学びます)などの様々な内容を応用することで患者さんの状態をアセスメントすることができるようになります。

physical.jpg

まず講義でアセスメントの方法やポイントを学び、その後の演習で学生同士が交代で看護師役と患者役になり実践していきます。演習には現役の看護師さんにも参加いただき、現場でのアセスメントの仕方や現場ならではの知識を学ぶこともできます。さらに、呼吸音や心音などの異常な場合の音を聞くことのできる模型もあります。

技術に苦戦することもありますが、グループメンバーと協力して技術を習得できた時の感動や自分の体について理解できていく楽しさがやりがいになっています。

3年 M.S

検索

最近の記事

カテゴリー

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ