カテゴリー「部活動」の記事

第1回東日本医療系学生対抗陸上競技大会を開催して

陸上競技部は、医学部、医療看護学部が合同で活動しています。年に4~5回、陸上競技大会に参加していますが、医学部学生が主体となる東医体(東日本医科学生総合体育大会)のような大会が看護学部にはありませんでした。そこで、看護学生など医療系学部の学生が参加できる大会を作ろうという目的のもと、順天堂大学医学部・医療看護学部の陸上競技部が主幹となり、7月30日に第1回東日本医療系学生対抗陸上競技大会を開催しました。

初めての大会主幹として半年前から準備を開始し、全てが手探りの状態でした。実行委員を中心に準備を進めましたが、会場を決定するだけでも一苦労で、1から大会を作るということはこんなにも大変なことなのだと実感しました。

当日はさらに慌ただしく、大会の進行上では準備不足や事前に把握できていなかったことがあり、手一杯な状況になる場面もありました。しかし、そんな時でも先輩後輩関係なく声を掛け合い、互いに協力しながら仕事をしている部員の姿や、仲間を必死で応援する他大学の学生、運営に携わって下さる方々の姿を見て、この大会がたくさんの人に作られ、支えられているのだということに気付きました。

 大会運営にご協力いただいた皆様、参加いただいた各大学の選手の皆さんに、この場を借りて心より感謝申し上げます。

3年 Y.S

h29_rikujo01.jpg

第1回東日本医療系学生対抗陸上競技大会の競技面では、男女共に総合優勝と、素晴らしい成績を収めることができました。

私個人としては、大学4年目にして初めて看護男子のみでリレーを組むことができ、バトンを繋ぐことが出来たことが嬉しかったです。普段から切磋琢磨し、高め合う仲間とチームを組んで走れることが私の最大の喜びです。

また、同期の長距離ブロックのプレイヤーが、集団のペースに流されずに、自分の目標とするタイムを目指し独走する姿を見て、私も陸上に対するモチベーションをさらに高めることができました。

私の競技生活はあと2ヶ月と僅かですが、素晴らしい仲間達と最後まで陸上を通して成長していきたいと思います。そして私自身もそうであったように、私の走りを見て少しでも多くの方に陸上をもっと好きになっていただけたら幸いです。

今回の大会は多くの方のご協力のもと開催することができました。ここで得た学びや反省点を次年度に生かし、より良い大会を開催できるように日々の練習、準備に取り組んでいきたいと思います。

4年 R.N

h29_rikujo02.jpg

音楽だけでなく、人とのつながりを楽しめるクールゲーツ

こんにちは!順天堂大学軽音楽部のクールゲーツです。

クールゲーツは医学部と合同の部活で、年6回あるライブに向けて練習しています。

固定バンド制ではなく、様々なジャンルの音楽を、いろんな先輩方や同輩と組むことができるのが特徴です。メンバーには大学から楽器を始めたという部員も多く、初心者も上級者も混在しています。

部活日程は組んだバンドメンバーの日程に合わせて行う為、兼部をすることも可能です。

一年間の予定のうち、春に行われる他大学と合同の合宿やクリスマスのライブでは、私たちと同じように医療従事者を志す学生と交流を深めることができるため、活動を通じてさまざまなつながりが生まれ、コミュニティの広がる、刺激のある日々を送っています。

h29_live01.jpg

h29_live02.jpg

2年S.A.

第93回箱根駅伝

駅伝応援部はスポーツ健康科学部、医療看護学部、保健看護学部、医学部、国際教養学部の全5学部が合同で応援隊を結成し順天堂の箱根駅伝を盛り上げてきました。設立されて5年目となる今年も、1月2・3日に行われた箱根駅伝で応援をしてきました。
今年の芦ノ湖の応援場所は出場校の中で最もゴールに近く、とても良い場所で応援することができました。

h28_ekiden01.jpg

応援は、選手が通過する約1時間前から始まります。私は準備をしながら、本番前の合同練習を行ったときのある言葉が胸に残っていました。「選手たちは、この日のためにずっと前から苦しんだり、つらい思いをしたりしているんだよ。そして自分の苦しみを乗り越えるだけではなく、出られなかった仲間などの様々な思いをあの襷につなげるためにこの箱根駅伝を走るんだ。その選手たちを応援する私達の応援は前を走り抜けるわずか数秒かもしれないけど、全力を注いでいる気持ちはきっと伝わるはずだよ。」選手が近づくにつれて私達の応援にも力が入ります。目の前を一瞬で通り過ぎる選手に向けて気持ちが伝わるよう力を振り絞り、声を出し、校歌を歌い、奏でて、全力で応援しました。選手が通り過ぎた後も、選手の力になるよう姿が見えなくなるまで応援を続けました。

h28_ekiden02.jpg

今回私は、大手町、芦ノ湖の応援場所で、応援をしました。その時に「順天堂だね、がんばってね、応援しているよ。」と多くの方から声をかけてもらうことが何度もありました。また、朝日が差し込む-2℃の芦ノ湖へ順天堂の旗を掲げて一緒に応援していただいたりと、選手を応援している私達にまで沿道の方々からたくさんの元気をいただきました。
今年は、総合第4位という昨年を上回るすばらしい結果になり、さらなる飛躍が期待されると思います。その来年に向け、設立5年目を迎える私達は、選手はもちろんのこと、応援している人や、私達のことを支えてくださっている方々を巻き込んで一丸となるような応援ができるよう練習に励んでいきたいと思います。

2年 M.U

秋の定期公演を終えて~JUD~

こんにちは!順天堂大学ストリートダンス部のJUDです。

10月29・30日にさくらキャンパスにて、1年で一番大きなイベントである秋公演がありました。沢山の方のおかげで今年も無事に終えることが出来ました。ヒップホップやブレイクといったジャンルのダンスを披露しましたが、どのジャンルもテーマにあった表情・振る舞い・思いを表現していて、とても素敵な公演になりました。

h28_jud01.jpg

h28_jud02.jpg

さて、今年のテーマは『Time』でした。退屈な毎日を過ごしていた主人公の耳に突然届いた地球滅亡のニュース。限られた時間をどう過ごすのか、ストーリーに沿って成長していく主人公の姿を表現しています。いろいろ考えさせられるテーマなだけに、少しでも見ている人たちの心に何かを残せていたら私たちは嬉しいです。

h28_jud03.jpg

また、秋公演は4年生の最後の公演でもありました。

ダンスを踊るだけでなく、人として成長できるのもJUDの醍醐味です。ずっと憧れだった4年生が引退してしまうのは寂しいですが、新体制になって更にパワフルになったJUDをこれからもよろしくお願いします!

2年 K.I

留学生への茶道体験

8月12日に順天堂大学医学部に短期研修にいらしているミラノ大学の留学生の方と、茶道体験を行いました。浦安キャンパスの茶道部の部室で、浴衣を着てお点前を披露し、和菓子とお茶をお出ししました。留学生の方にも、お茶を点てたり、浴衣を着たりする体験をしていただきました。

h28_sado01.jpgイタリア人の方に茶道を楽しんでもらえるか不安でしたが、お茶の飲み方や点て方、浴衣の着方を説明しているうちに、笑顔でコミュニケーションを取ることができ、お茶をおいしいと言っていただけました。私たちは普段の部活のお稽古の時も、おもてなしの心を大切にしています。今回の茶道体験で、お点前の一つ一つの動作に意味があり、お客様がお茶をおいしくいただけるような気遣いがあることを伝えられたのではないかと思います。

h28_sado02.jpgまた、自分たちがもっと英語で茶道について紹介できたら、より充実した時間になったのではないかと感じたため、外国の方にも茶道の魅力を伝えられるように、英語の勉強も頑張りたいと思いました。

4年 T.I、M.S

1  2  3  4

最近の記事

カテゴリー

検索

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ