第31回関東看護学生硬式庭球大会で優勝奪還しました!!

20141017.jpg

 順天堂大学医療看護学部硬式庭球部は、8月24~27日に山中湖で行われた第31回関東看護学生硬式庭球大会で主幹校優勝しました。この大会は全 8校で行われる団体戦です。一昨年は優勝することが出来ましたが、昨年は準優勝と悔しい思いをしました。今回、部員全員が優勝を目標に練習を重ね、優勝杯 を奪還することが出来ました。

 大会前の練習から油断を潰し、自分たちの弱点に正面から向き合い、それを克服することで確実にレベルアップして大会に臨むことが出来ました。何よ り、選手だけでなく部員全員の応援が今回の優勝の後押しとなったことは間違いありません。技術で勝つことは勿論ですが、'応援により相手に絶対勝つ'とい う気迫で勝ることが出来たことが大きいと感じました。選手と懸命な応援によりどんな逆境でも諦めずに食らい付いていけた事が最大の勝因だと実感していま す。

 テニスは、多くても一度に二人しか一つの試合に出ることが出来ません。その為、どうしても試合に出られない人が出てきてしまいます。選ばれなかっ た人は全力で応援を、選ばれた人は代表として全力で試合に臨み、互いに支えあった上で優勝をもぎ取れたことが何よりの喜びです。また今年は主幹校というこ ともあり、3年生は大会前から、大会に向けての練習だけでなく、主幹の仕事もこなし、忙しい日々を送っていました。そのような状況でも練習を疎かにせず、 優勝という結果を残した3年生方には頭が下がる思いでいっぱいです。

 順天堂大学硬式庭球部は医学部、スポーツ健康科学部、医療看護学部の3学部で活動していますが、他学部との繋がりが強くお互いの練習に参加をする ことで良い刺激を与え合っています。OB、OGとの繋がりも強く、今大会では今年卒業された先輩方が全員応援にいらしてくださいました。自分たちだけでな く、周囲の皆さんの支えがあってこその優勝だと感じています。 

 今後も、このような素晴らしい環境で練習が出来ることに感謝の心を忘れず、これからも貪欲に技術を吸収し、お互いに支えあって、二連覇そして三連覇と繋げていけるように練習を重ねていきたいと思います。

最近の記事

カテゴリー

検索

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ