第2回東日本医療系学生対抗陸上競技大会を開催して ~陸上競技部の活動を通して得たこと~

7月29日に、第2回東日本医療系学生対抗陸上競技大会が開催されました。この大会は、医療系学部の学生が夏に大きな目標を持ち、活躍の場を作ることを目的として設立された大会です。第2回大会は医療系学部がある東日本の国公立・私立大学14校(岩手医科大学、群馬大学、慶応義塾大学、埼玉医科大学、札幌医科大学、自治医科大学、順天堂大学、千葉大学、筑波大学、東京医科歯科大学、東京慈恵会医科大学、東北大学、防衛医科大学校、北海道大学〈50音順〉)より、237名の選手が参加しました。そして昨年度に引き続き、順天堂大学医学部・医療看護学部陸上競技部が大会主幹を務めました。
大会会場の確保、参加大学募集などの事前準備や当日の大会運営は決して容易ではありませんでしたが、昨年度の経験を活かし、部員同士で協力し合い無事終えることができました。大会運営という一つの目標を達成する過程で、部内の団結をより強固なものにすることができ、さらに、将来同じ医療の仕事につく他大学の選手と交流を深めることができたと感じました。記念すべき第1回、第2回大会の主幹を務めることができたのは、私たち陸上競技部にとってとても貴重な経験になったと思います。
本大会は第2回ということもあり、まだまだ小規模の大会ですが、今後回数を重ねより大きな大会となることを心より願っております。最後になりましたが、この場を借りて本大会の開催にあたりご支援とご協力いただいた皆様、参加いただいた各大学選手の皆さんに深く感謝を申し上げます。

3年 M.K

h30_rikujyo01.jpg

今大会では、昨年に引き続き男女総合優勝と、素晴らしい成績を収めることができました。今年は1年生を含めた新チームでバトンを繋ぎ、リレー2種目で優勝することができ、とても嬉しかったです。
今大会で引退する同期も多く、今まで一緒に切磋琢磨してきた仲間達が最後に良い結果を残したことや、お互いに応援しあう姿を見て、嬉しさと寂しさが入り混じる、心に残る大会となりました。多くの方に支援していただき、部員全員が協力して大会運営や応援を行い一丸となって大会を作り上げ、チームとしての団結力が深まったと思います。私たちの競技生活は残り1ヶ月とわずかですが、一つの事に一生懸命になれる時間と、お互いに高め合える仲間がいる環境に感謝して、最後まで駆け抜けたいと思います。

4年 E.S、F.E

h30_rikujyo02.jpg

大会終了から2ヶ月が経過し、残された大会も残り1つとなった今日この頃、私はこの部での活動を通して陸上競技がより好きになったと感じています。素晴らしい仲間との出会い、共に切磋琢磨した日々。私は陸上競技の真の楽しさを知りました。心身ともに成長させてくれたこの部活には感謝してもしきれません。
私がこの部に所属していられる時間は残りわずかですが、仲間たちとお互いを高め合いながら、チーム全体の競技力向上に少しでも貢献したいと思います。

4年 R.S

h30_rikujyo03.jpg

最近の記事

カテゴリー

検索

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ