令和四年度春季看護リーグに参加して

6月19日に横浜市立大学の体育館で春季看護リーグが行われました。
新型コロナウイルスの感染拡大により、思うように部活動ができない日々が続いていましたがやっと試合を行うことができ、いつもの日常に戻りつつあることを実感しました。
今回の試合には10チームが参加しました。その中で私たちは3位という成績を収めることができました!!

volley-a.jpg volley-b.jpg
volley3.png

 私たちバレー部は月3回の活動を行っています。活動頻度は少ないですが、他のどの部活よりも仲が良い自信があります!先輩方とたくさんお話ししたり、部活のみんなで出かけたりすることも多く、部活を超えて日頃からお互いを知り、バレーでは欠かせない信頼関係を育んできました。

 当日は久しぶりの試合ということもあり、最初は緊張気味でしたが、だんだん雰囲気にも慣れ、声が出るようになりました。お互いにアドバイスをしたり、ミスを励まし合ったりと常に声を出していました。そして監督が的確な指示を出してくださったので選手も焦ることなく落ち着き、集中したプレーができました。手に汗握る展開が多く、準決勝ではあともう少しというところで負けてしまいましたが、3位決定戦ではしっかりと勝ち切り、大会を締めくくることができました。また、今回は3年生が中心でしたが、2年生、1年生もこれに続くように頑張ろうと決意した試合でした。

 3位という結果でしたが決してこれに満足せず、これからも常に上を目指して練習に励みたいと思います。

2年T・I

検索

最近の記事

カテゴリー

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ