カテゴリー「部活動」の記事

第2回東日本医療系学生対抗陸上競技大会を開催して ~陸上競技部の活動を通して得たこと~

7月29日に、第2回東日本医療系学生対抗陸上競技大会が開催されました。この大会は、医療系学部の学生が夏に大きな目標を持ち、活躍の場を作ることを目的として設立された大会です。第2回大会は医療系学部がある東日本の国公立・私立大学14校(岩手医科大学、群馬大学、慶応義塾大学、埼玉医科大学、札幌医科大学、自治医科大学、順天堂大学、千葉大学、筑波大学、東京医科歯科大学、東京慈恵会医科大学、東北大学、防衛医科大学校、北海道大学〈50音順〉)より、237名の選手が参加しました。そして昨年度に引き続き、順天堂大学医学部・医療看護学部陸上競技部が大会主幹を務めました。
大会会場の確保、参加大学募集などの事前準備や当日の大会運営は決して容易ではありませんでしたが、昨年度の経験を活かし、部員同士で協力し合い無事終えることができました。大会運営という一つの目標を達成する過程で、部内の団結をより強固なものにすることができ、さらに、将来同じ医療の仕事につく他大学の選手と交流を深めることができたと感じました。記念すべき第1回、第2回大会の主幹を務めることができたのは、私たち陸上競技部にとってとても貴重な経験になったと思います。
本大会は第2回ということもあり、まだまだ小規模の大会ですが、今後回数を重ねより大きな大会となることを心より願っております。最後になりましたが、この場を借りて本大会の開催にあたりご支援とご協力いただいた皆様、参加いただいた各大学選手の皆さんに深く感謝を申し上げます。

3年 M.K

h30_rikujyo01.jpg

今大会では、昨年に引き続き男女総合優勝と、素晴らしい成績を収めることができました。今年は1年生を含めた新チームでバトンを繋ぎ、リレー2種目で優勝することができ、とても嬉しかったです。
今大会で引退する同期も多く、今まで一緒に切磋琢磨してきた仲間達が最後に良い結果を残したことや、お互いに応援しあう姿を見て、嬉しさと寂しさが入り混じる、心に残る大会となりました。多くの方に支援していただき、部員全員が協力して大会運営や応援を行い一丸となって大会を作り上げ、チームとしての団結力が深まったと思います。私たちの競技生活は残り1ヶ月とわずかですが、一つの事に一生懸命になれる時間と、お互いに高め合える仲間がいる環境に感謝して、最後まで駆け抜けたいと思います。

4年 E.S、F.E

h30_rikujyo02.jpg

大会終了から2ヶ月が経過し、残された大会も残り1つとなった今日この頃、私はこの部での活動を通して陸上競技がより好きになったと感じています。素晴らしい仲間との出会い、共に切磋琢磨した日々。私は陸上競技の真の楽しさを知りました。心身ともに成長させてくれたこの部活には感謝してもしきれません。
私がこの部に所属していられる時間は残りわずかですが、仲間たちとお互いを高め合いながら、チーム全体の競技力向上に少しでも貢献したいと思います。

4年 R.S

h30_rikujyo03.jpg

看護ダンス部~C.P.Arrest~

こんにちは、看護ダンス部C.P.Arrestです。

C.P.Arrestは医療看護学部の1年生から3年生の3学年、合わせて42名で活動しています。

練習は週に2回、火曜日と木曜日にキャンパス内で行い、主に10月の学園祭(順華祭)と3月のイベントに向けて、ヒップホップ、ガールズ、R&Bなどの様々なジャンルを日々練習しています。

部員の中には、大学生になってからダンスを始めた人から、長年のダンス経験者までさまざまな人がいますが、初心者でもまずは基礎練習から教えてもらえるので、安心して取り組むことが出来ます。

この部活の中で最も大きな発表の場は、3月のイベントです。都内のイベント会場を借りて、家族や友人など300名程に見に来ていただいています。

このイベントの1か月ほど前からは、よりよい発表にするためにキャンパス以外でも場所を借りて、平日のほとんどを練習に費やす時もあります。その練習はハードではあるのですが、発表当日は、眩しいほどのライトの中、沢山のお客さんに歓声を頂くことができ、楽しく活気ある時間を過ごすことができます。また、部員全員で1つのイベントを作りあげることで、大きな達成感と結束力を感じることができる、私たちにとってとても楽しみなイベントです。

h30_dance.png

2年 M.S

熱い応援魂~箱根駅伝を終えて~

駅伝応援部は、応援団、ブラスバンド、チアダンスの3部門から成り、医療看護学部、保健看護学部、スポーツ健康科学部、国際教養学部の4学部で活動しています。今年度は部員100人を超える大きな部活となりました。 普段は学部ごとで練習していますが、箱根駅伝が近づくと、全学部での合同練習が行われます。今年も1月2日・3日に箱根駅伝の応援へ行ってきました。

h29_ekiden01.jpg

箱根駅伝の応援は、往路、復路のそれぞれスタートとゴール地点で応援します。まだ空が暗い時間から準備を始め、選手が前を通過する約1時間前から応援を開始します。今年も箱根駅伝がはじまるんだと胸が高鳴ります。応援場所には順天堂を応援するたくさんの方々が集まって下さり、みんなで声を張り、校歌を歌い、奏で、選手にエールを届けます。選手が近づき、走り抜けて行くときは、心が高まり、駅伝応援部も一体となって本当に心地よい瞬間です。

h29_ekiden02.jpg

今年は、11位とシード権を逃してしまいましたが、熱い戦いを最後まで応援できたことは私達にとって誇らしいことです。最後まで諦めない選手の走りを見て、私たちももっと頑張らないといけないという気持ちになります。感動や、熱い気持ちと一緒に、今年は悔しさも感じましたが、大勢での応援はとても楽しいもので、次への期待と楽しみを胸に第94回箱根駅伝を終えました。私たちは、私たちと一緒にたくさんの人に駅伝応援を楽しんでほしいと思っています。来年度は予選会から始まりますが、また箱根で応援ができるよう、選手、応援部、順天堂を支えてくださる方々が一丸となった応援が届けられるよう、これからも日々練習に励んでまいります。

2年H.S

部活動紹介 ~茶道部~

 私たち茶道部は、1年生7人、2年生9人、3年生5人、4年生2人の23人が所属しており、1年生から4年生まで仲良く和気あいあいと、毎週金曜日に地域・高齢者看護学実習室にて外部から講師の先生をお招きして"大日本茶道学会"という流派のお稽古を行っています。

 毎年夏休みには、夏合宿として都内のお寺に宿泊し、普段のお稽古で行っているお点前の練習だけでなく、抹茶を飲み比べてその種類を当てる"闘茶"や、お茶会の中で亭主や正客などの役割を次々に入れ替えて行う"花月"などを体験したり、茶道の歴史やお道具の種類などについて学んだりもしています。

h29_kadobu01.jpg

 そして、順華祭ではお茶会を開催し、学祭にいらっしゃったお客様に抹茶やお菓子を楽しんでいただいたり、実際にお点前を体験していただいたりしています。

 部員は大学に入ってから茶道を始めた人がほとんどですが、先生や先輩方が丁寧に教えてくださるので初心者でもきちんとお点前ができるようになっていき、順華祭では茶道を始めて半年の1年生もお客様の前でお点前を行う亭主としてお茶会に参加しています。

h29_kadobu02.jpg

2年A.Y

第1回東日本医療系学生対抗陸上競技大会を開催して

陸上競技部は、医学部、医療看護学部が合同で活動しています。年に4~5回、陸上競技大会に参加していますが、医学部学生が主体となる東医体(東日本医科学生総合体育大会)のような大会が看護学部にはありませんでした。そこで、看護学生など医療系学部の学生が参加できる大会を作ろうという目的のもと、順天堂大学医学部・医療看護学部の陸上競技部が主幹となり、7月30日に第1回東日本医療系学生対抗陸上競技大会を開催しました。

初めての大会主幹として半年前から準備を開始し、全てが手探りの状態でした。実行委員を中心に準備を進めましたが、会場を決定するだけでも一苦労で、1から大会を作るということはこんなにも大変なことなのだと実感しました。

当日はさらに慌ただしく、大会の進行上では準備不足や事前に把握できていなかったことがあり、手一杯な状況になる場面もありました。しかし、そんな時でも先輩後輩関係なく声を掛け合い、互いに協力しながら仕事をしている部員の姿や、仲間を必死で応援する他大学の学生、運営に携わって下さる方々の姿を見て、この大会がたくさんの人に作られ、支えられているのだということに気付きました。

 大会運営にご協力いただいた皆様、参加いただいた各大学の選手の皆さんに、この場を借りて心より感謝申し上げます。

3年 Y.S

h29_rikujo01.jpg

第1回東日本医療系学生対抗陸上競技大会の競技面では、男女共に総合優勝と、素晴らしい成績を収めることができました。

私個人としては、大学4年目にして初めて看護男子のみでリレーを組むことができ、バトンを繋ぐことが出来たことが嬉しかったです。普段から切磋琢磨し、高め合う仲間とチームを組んで走れることが私の最大の喜びです。

また、同期の長距離ブロックのプレイヤーが、集団のペースに流されずに、自分の目標とするタイムを目指し独走する姿を見て、私も陸上に対するモチベーションをさらに高めることができました。

私の競技生活はあと2ヶ月と僅かですが、素晴らしい仲間達と最後まで陸上を通して成長していきたいと思います。そして私自身もそうであったように、私の走りを見て少しでも多くの方に陸上をもっと好きになっていただけたら幸いです。

今回の大会は多くの方のご協力のもと開催することができました。ここで得た学びや反省点を次年度に生かし、より良い大会を開催できるように日々の練習、準備に取り組んでいきたいと思います。

4年 R.N

h29_rikujo02.jpg

1  2  3  4  5

最近の記事

カテゴリー

検索

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ