カテゴリー「部活動」の記事

部活動紹介~JUD~

こんにちは!私はJUDという順天堂大学4学部合同ストリートダンス部に所属しています。練習は週4回で、主な活動はさくらキャンパスで行っています。

主なイベントは、新入生歓迎会での発表、二年生が中心メンバーとなり一年生が初めてメンバーとして参加するイベント「DDT」、春と夏にクラブで行うJ-groove、そして秋に行われる定期公演があります。

秋の定期公演は4年生が引退する集大成のイベントで、約3ヶ月間練習して臨みます。本番の興奮と達成感は、練習を乗り越えた人にしか味わえない貴重なものだと思います。

また、関東大学ダンス連盟Σに所属していて、他大学のダンスサークルとの交流も盛んです。学部を超えた先輩・後輩の繋がりも強く、和気あいあいとダンスを楽しんでいます。

初心者も大歓迎で、私も大学からダンスを始めました。不安だなぁと思う人も先輩達が優しく教えてくれるので安心して参加できてとても楽しいです♪ダンス初心者だった私も、みんなと仲良く活動できるようになりました。

あったかい雰囲気のJUDでみなさんをお待ちしております☆機会があれば、公演もぜひ見ていただきたいです!!

h28_dance.jpg

2年 K.I

部活動紹介~卓球部~

私たち卓球部は、医学部・スポーツ健康学部と週3回合同で練習をしています。練習場所としては主に新木場・西葛西・酒々井の体育館で練習をしていて、みんなが切磋琢磨して卓球が上手になろうと日々努力しています。医学部には東日本医科体育大会という大会があるように、看護系の学部にも全日本看護学部卓球大会があり、大会が近くなるとみんな自主的に練習に行くほど熱心に部活に打ち込んでいます。現在は二年生3人、三年生3人、四年生4人と先輩も多く、また恵まれた環境で活動できるため毎回の部活が大学生活の中での楽しみとなっています。

h27_bu_tak01.jpg

h27_bu_tak02.jpg

2年 K.A

第91回東京箱根間往復大学駅伝競走の応援に参加して

 4年前に順天堂(駅伝男子)が箱根駅伝で戦った年から、スポーツ健康科学部、医療看護学部、保健看護学部、医学部の4つの学部が合同で応援隊を結成し、順天堂の箱根駅伝を盛り上げてきました。

 1月2日、3日に行われた箱根駅伝もスポーツ健康科学部の応援団長を筆頭に、芦ノ湖と大手町で応援をしてきました。今年は元旦に雪が降ったこともあり、芦ノ湖では応援場所の雪かきから開始となったとても寒い中での応援でした。
 応援は選手が通過する1時間程前から開始するのですが、選手の足音が近づいてくると、応援もより力が入ります。応援団は気合を入れて声を出し、チアリーダーは順天堂大学の校歌を声を張り上げて歌い、ブラスバンドはひたすら音を出し続けます。 私たちの目の前を一瞬のうちに通過する選手に少しでも声が、歌が、気合いが届くようにと、気持ちを一つにして精いっぱい応援をしました。選手が走りすぎた後も気持ちを届けたいと、お腹の底から声をだし応援を続けました。

20150109-1.jpg

 選手がゴールに向かって走っていく姿を見た後に心に残る感動、もっと応援したい、声援を届けたいという思いがわきあがるのは、スポーツの力だけでなく箱根駅伝を走る選手の仲間に襷を繋げるという強い気持ちが伝わってくるからだと感じました。

 順天堂大学の箱根駅伝での応援隊の活動は今年で4回目と歴史は浅いですが、応援隊を順天堂の伝統のひとつにしていけるよう、練習に励んでいきたいと思います。

20150109-2.jpg

第31回関東看護学生硬式庭球大会で優勝奪還しました!!

20141017.jpg

 順天堂大学医療看護学部硬式庭球部は、8月24~27日に山中湖で行われた第31回関東看護学生硬式庭球大会で主幹校優勝しました。この大会は全 8校で行われる団体戦です。一昨年は優勝することが出来ましたが、昨年は準優勝と悔しい思いをしました。今回、部員全員が優勝を目標に練習を重ね、優勝杯 を奪還することが出来ました。

 大会前の練習から油断を潰し、自分たちの弱点に正面から向き合い、それを克服することで確実にレベルアップして大会に臨むことが出来ました。何よ り、選手だけでなく部員全員の応援が今回の優勝の後押しとなったことは間違いありません。技術で勝つことは勿論ですが、'応援により相手に絶対勝つ'とい う気迫で勝ることが出来たことが大きいと感じました。選手と懸命な応援によりどんな逆境でも諦めずに食らい付いていけた事が最大の勝因だと実感していま す。

 テニスは、多くても一度に二人しか一つの試合に出ることが出来ません。その為、どうしても試合に出られない人が出てきてしまいます。選ばれなかっ た人は全力で応援を、選ばれた人は代表として全力で試合に臨み、互いに支えあった上で優勝をもぎ取れたことが何よりの喜びです。また今年は主幹校というこ ともあり、3年生は大会前から、大会に向けての練習だけでなく、主幹の仕事もこなし、忙しい日々を送っていました。そのような状況でも練習を疎かにせず、 優勝という結果を残した3年生方には頭が下がる思いでいっぱいです。

 順天堂大学硬式庭球部は医学部、スポーツ健康科学部、医療看護学部の3学部で活動していますが、他学部との繋がりが強くお互いの練習に参加をする ことで良い刺激を与え合っています。OB、OGとの繋がりも強く、今大会では今年卒業された先輩方が全員応援にいらしてくださいました。自分たちだけでな く、周囲の皆さんの支えがあってこその優勝だと感じています。 

 今後も、このような素晴らしい環境で練習が出来ることに感謝の心を忘れず、これからも貪欲に技術を吸収し、お互いに支えあって、二連覇そして三連覇と繋げていけるように練習を重ねていきたいと思います。

第90回箱根駅伝ご声援ありがとうございました。

 わたしたち駅伝応援部は一昨年から箱根駅伝にて、駅伝部の応援を行っていま す。 今年も大手町、芦ノ湖に分かれて、スポーツ健康科学部と保健看護学部の学 生と共に2日間、選手たちの間近で応援をしました。

 この部活は、応援団、ブラスバンド、チアリーディングの3部門で構成されて おり、初心者が多いながらも、先輩に指導していただきひとつひとつのことを学 んでいます。それぞれの部門がそれぞれの学部で週に数回練習を行いながら、箱 根駅伝に向けて練習を重ねています。  医療看護学部では、各学年の実習を考慮 しながら、ときにはブラスバンドとチアリーディング合同練習や他学部との合同 練習を行っています。

 当日は天候にも恵まれ、昨年度よりもより良いポジションで応援することがで きました。1区、6区では早朝からスタンバイをし、5区、10区ではゴール近くで待 ち構え、寒さに負けず、声を張り上げ、全員で校歌を届けました。目の前を通過 していく選手たちに少しでも応援の声を届けたい。全力で精一杯の応援をしたい。 その想いを持った4学部72名全員が集結し、2日間を通して全てを出し切ったと思 います。目の前で繰り広げられる戦いを直接見て、感じ、私たち自身も多くの感 動を得ました。

 来年度は予選会からのスタートになります。一番の勝負どころで力を出せるよ うな応援を目指し、これからも練習に励んでいきます。

駅伝応援部 A.N

20140115.jpg

最近の記事

カテゴリー

検索

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ