タイ研修を終えて

 2月26日〜3月6日にかけてタイ王国にあるタマサート大学で看護研修を行いました。約1週間という短い間でしたが、学びが多く、とても充実した時間を過ごすことができました。

 このタイ研修では、タマサート大学付属の病院を見学させていただき、タイの病院や疾病の実態、それらに対しどのような看護が行われているのか、そして学生による実習の様子を学ぶことができました。
参加した学生が3~4年生と、分野別実習を経験している学生のため、タイと日本の違いを比較したり、同じところを共感したりすることができました。

H30_thai1.png

 また、休日には、タイの友達と一緒にアユタヤ遺跡を回ったり、有名な寺院を案内してもらったり、マーケットでショッピングをしたりと、楽しい毎日を送ることができました。宿泊はそれぞれのバディのドミトリーのため、朝起きた瞬間から寝るその時まで英語で過ごすという貴重な経験をすることができました。最初は通じなかったことも、毎日一緒に生活することによって、お互いに話したいこと伝えたいことを理解することができ、とても良い関係を築くことができたと思っています。この研修の最後にはバディとの別れが寂しく、皆が涙を浮かべ必ずまた会うことを約束し、タイをあとにしました。

 初めは、自分の話す英語が通じるのか、うまくやっていけるのかなど様々な不安と緊張でいっぱいでしたが、この研修を終えて今思うことは、勇気を出して参加して本当に良かったということです。経験したことのないことはもちろん、今までの生活や病院実習の中で当たり前と思っていたことが覆され、広い視野を持つことができるようになったと思います。

H30_thai2.jpg

 タイの人々は本当に優しく、英語が得意ではない私にも理解できるよう、聞き取れるよう何度も繰り返してくれたり、わかりやすい言葉に言い換えてくれたり、沢山の工夫で楽しませてくれました。タイでお世話になった友だち、先生、病院関係の皆さま、そして引率の先生方に心から感謝しています。

 英語に苦手意識を持っている方でもぜひ、少しでも興味があるのなら参加してほしいと思います。

4年 K.A.

最近の記事

カテゴリー

検索

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ