カテゴリー「イベント」の記事

ようこそ順天堂へ!~新入生歓迎会~

 4/20(土)に新入生歓迎会が開催されました。医療看護学部の新しい仲間を先輩たちがもてなす、代々受け継がれている伝統あるイベントです。

2019shinkan1.JPG

 まず初めに、体育館にて立食パーティーが開催されました。出席番号順ではなくランダムにテーブル分けが行われ、先輩や先生方も加わります。ほとんどの新入生が、この時初めて先輩や先生方と密に関わったのではないでしょうか。新入生の勉強面や生活面の相談に乗る先輩や先生方の様子が見受けられ、有意義な時間を過ごしていました。食事の後は、素敵な商品付きのクジで盛り上がりました。
 後半は部活動、サークル紹介です。ステージ上で繰り広げられる個性あふれる発表に笑いや拍手が絶えず巻き起こっていました。目星を付けていた部活やサークル以外にも、気になるものを発見した人もいるかと思います。新入生には自分に合う場所を見つけ、たくさんのコミュニティを築いて欲しいです。

2019shinkan2.JPG

 様々な思いで本学に入学してきた新入生。まだ大学生活に慣れずに不安だったと思います。このイベントでたくさんの先輩たち、先生方と関われた事をきっかけに大学に馴染んでくれると嬉しいです。次回、学部全体の大きなイベントといえば10月に行われる順華祭です。新入生の活躍が今から楽しみですね。

2年 A.T

楽しかった2日間!!!!!

 4月10日と11日の二日間、浦安キャンパスと舞浜総合運動公園、そしてホテルミラコスタでフレッシャーズキャンプが開催された。二日間、さまざまな出来事を通して、私たちは看護師になるための決意をより固めるために、自分が目指す看護師像について探求した。
初日の講義をしてくださった方のお話はとても興味深く、大変感銘を受けた。中でも一番感銘を受けたのは、患者経験のある講演者の方の「『この人は病気で入院しているから・・』『患者さんだから・・』と思わないでほしい。」この言葉だ。それは、病気であることが患者のすべてではないということだと感じた。確かに辛そうな姿や苦しそうな姿を見て、胸が痛くなるかもしれない。でも、それは患者が自分の病気と向き合おうとしている証拠であり生きようと頑張っているからだ。私はそれを看護職者としてもサポートしたいが、共に闘う仲間としてもサポートしていきたいと感じた。
 初日の経験を活かし、2日目に行われたBLSの講習では、緊急時の判断や対応を体験して、どれほど大変かを理解することができた。また午後のグループワークでは「なりたい看護師像」について活発に意見を交換した。自ら積極的に新しい仲間に声をかけ、交流を持ち、お互い意見を交わして深いグループワークができたと思う。
 今までは看護師に対して「憧れ」の気持ちを抱いていたが、これからは憧れではなく「現実」へと変わっていく。その中で自分の中での看護を追求し、四年後胸をはって病棟に出られる日を迎えたい。

camp.jpg

1年 M.H.

タイ研修

 3・4年生の中で希望する学生は、10日間タイに看護研修に行くことが出来ます。主に、タイの医療・制度・看護について学びます。日本とタイの違いを学ぶことで、考え方の幅が広がりました。タイはASEANのリーダー的な存在で、高度医療の提供やASEAN内の看護者教育にも力を入れており、とてもグローバル化が進んでいる国です。タイ研修を通して、日本に留まらず世界に目を向けていかなければならない事、タイの学生さんのレベルの高さなどを学び、自分も現状に満足するのではなく、常に向上心を持っていく必要があると思いました。

tai2019.png

 タイ研修ではバディが付いてくれ、日常的なケアをしてくれます。英語での会話になるので、自分の言葉を伝える事が難しいですが、タイの学生さんや先生方は皆さん優しいので安心です。他国の医療や看護、教育を知ることは自分の視野を広げることに繋がるので、みなさんも積極的に海外に目を向けて欲しいと思います。

tai2019_02.png

スキー実習

 こんにちは。私たち医療看護学部一年生は、 2/19〜23の5日間、山形県の蔵王スキー場にてスキー実習を行いました。スキー実習は選択制で、行きたい人が参加できる体制になっています。

ski1.png

 私はスキーが未経験で、スポーツ健康科学部の先生方に指導いただけるこんな貴重な体験はないと思い、参加しました。行ってみると、想像よりもずっと難しく、5日間で滑れるようになるとは到底思えないほどでした。ちなみに、実習はレベル別に班ごとに分かれていて、自分に合ったコースで練習・実践ができます。

ski2.png

 4日目は、自分達でコースを決めて山を巡る日です。ほとんどの人がリフトも数えるほどしか乗ったことがないなかで、転びながらも、初心者には難関と言われるコースを滑りきれた際には、目に涙が溢れました。あっという間のスキー実習は、美味しい食事と楽しい仲間と一緒に成長できて、とても楽しいひと時でした。次はどこで滑ろうか、今年の冬が待ち遠しいです。

1年 H.S

学生国家試験対策委員会の活動

 保健師国家試験(以下、国試)、看護師国試を無事に終え、ほっとしています。当日は、今まで頑張ってきた自分を信じて試験に臨むことができました。
 さて、学生国試対策委員会の本格的な活動は、1学年上の先輩が国試を終えた時期から始まります。私は委員として、先輩から国試に向けた貴重なアドバイスをいただき、それを受けて、私たちの学年全体に繋ぐ役目となったり、学年の代表として補講や模試についての時期や回数の検討を行い、12回生全員で合格できるように、1年間、国試に向けて取り組んで参りました。
 本校は、他大学の看護学部と比べて学生数が多く、さらに、看護師国試に加え、助産師や保健師の国試を同時に受ける学生が多数います。国試を複数同時に受けることは容易ではありませんが、先生方が補講を開講してくださったり、個別にアドバイスをくださったりと親身になって合格までの道標を一緒に考えてくれます。国試に向けた勉強は途中で精神的に疲弊しそうになりますが、多くの学生と共に同じ目標に向かってお互いを鼓舞しあい一緒に勉強したことや、手厚いサポートをしてくださる先生方のお陰で乗り越えることができました。

4年 M.S

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

最近の記事

カテゴリー

検索

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ