カテゴリー「イベント」の記事

キャンドルサービスに参加して

 12月18日にキャンドルサービスというイベントが行われました。これはキャンドルサービス委員の先輩方を中心に一年生が参加するもので、附属病院へいきクリスマスソングを歌いながら各病室を回るというイベントです。初めは、クリスマスソングを歌うことが恥ずかしかったり、病棟の方々に迷惑ではないのかと思ったり、不安のほうが大きかったです。しかし、歌いながら病室を回り患者さんにクリスマスカードを渡すと、とても喜んでくれて拍手までしてくださる方も多くて、不安な気持ちはすぐになくなりました。看護の技術はまだまだ未熟すぎる私たちですが、そんな私たちでも患者さんを笑顔にできたり、喜びを感じてもらえたりするのだと実感しとても嬉しかったです。
 また、今回訪問した病棟は9月に看護実習に行ったところということもあり、その時にお世話になった看護師さんとも再会できて、近況報告をして激励の言葉をもらえたこともとても嬉しい出来事でした。
 このイベントで出会った患者さんの笑顔や看護師さんの嬉しい言葉を忘れずに、これからも看護の勉強を頑張っていきたいと思いました。

1年 N.A

充実感に満ち溢れた9日間~アメリカ研修を経て~

私は、アメリカのオレゴン州ポートランドでの9日間の海外研修に参加しました。この研修では、アメリカの医療施設の見学や講師の方たちによるレクチャーで、日本とアメリカの医療の違いを自分の目で実際に見ることが出来ました。

今回はホームステイだったこともあり、英語でコミュニケーションをとることがとても重要でした。自分の考えを英語で相手に正しく伝えることにはかなり苦戦しましたが、9日間を経て振り返ってみると、前よりも英語のスキルが上がっていることを実感できるようになりました。現地の方と共に生活することで、文化や習慣の違いなども体験することができました。

h30_america_4.jpgまた、今回は杏林大学と合同の研修であったため、新たな友情の輪を広げることもできたと思います。ポートランドでの観光や、週末のそれぞれのホストファミリーとの時間を通して、友人やファミリーと良い思い出をたくさん作ることが出来、とても充実した9日間でした。私はこの研修に参加したことで、自分の将来についてもう一度深く考え直すことができました。グローバル化する昨今において、英語の重要性を再認識し、自分の英語のスキルをもっと上げたいとも思うようになりました。この研修に参加することができて、本当に良かったという気持ちでいっぱいです。


4年 H.S

イギリス研修で得た学び

8月6日~19日まで、イギリスのレスターにて、イギリス研修が行われました。

h30_england1.png

研修が始まった当初は、イギリス英語や、ネイティブの方の話すスピードに圧倒されていましたが、1週間が過ぎた頃には、自分から話したり、わからない言葉は聞き返したりできるようになりました。とにかく待っているだけではなく、自分から発信することが大切だと気づきました。
イギリスと日本では医療制度や看護教育制度も違っています。イギリスの看護学生は、入学時に専攻するコースを決め、成人なら成人について、小児なら小児だけについて3年間学びます。今回、実際に授業やゼミナールへの参加やイギリスの看護学生とのディスカッションを通して、彼女達の専門性の高さを実感すると同時に、自分の甘さに気づきました。特に施設見学では英語で説明を受けるので、看護の知識を日本語できちんと理解していないと英語での理解は難しいと感じました。自分の考えをうまく伝えられないもどかしさや悔しさという経験が私にとっては良い刺激になり、これからもっときちんと理解して勉強していこうと思える機会になりました。

h30_england2.png

また、バディや友達と買い物に行ったりご飯を食べに行ったりもできて、とても楽しく貴重な体験ができた2週間になりました。迷っている方は是非参加してみてください。

h30_england3.png

2年Y.F

新入生歓迎会!!!

 4月21日、新入生歓迎会が行われました!

 毎年新入生を迎えるために私たち上級生が中心となり催される伝統あるイベントです。長くいらっしゃる先生によると、もう何十年も続いているとか。

 初めに立食パーティーがあります。各テーブルのメンバー分けもランダムで行われ、上級生や先生方も加わり、まだ一度も話した事のない人たちと交流することが出来ます。食堂の皆さんが作ってくれた美味しいオードブルを食べながら、自己紹介や1年生が気になっているような学校生活などについて話をしました。ここから始まる交流もたくさんあります。

h30_kangei5.png

 後半は部活動紹介です。様々なサークルが新入生獲得のため、個性豊かな楽しい発表をしてくれます!他学部から部活動紹介に参加するサークルもいます。まだどのサークルに入るか迷っている人や入部を考えていなかった人が、自分にあったサークルと出会うとても良い機会になります!

h30_kangei6.png

 まだ大学に入って間もない一年生、慣れないこともたくさんあります。しかし、こういったイベントなどで先輩や先生方とたくさん交流することで順天堂に馴染んでくれたら良いと思います!

2年 H.T

~フレッシャーズキャンプ~

 今年のフレッシャーズキャンプは2日間にわたって行われました。入学してから約1週間しかたっていませんでしたが、そんなことを感じないほど楽しく、時の流れを早く感じる2日間でした!

 1日目は、「患者の立場から看護職者に望むこと」というテーマで講演会が開かれました。めったに聞くことができないお話で、様々なことを学べる大変いい機会となりました。特に印象に残ったことは、「医療のことを勉強すればするほど患者さんから遠のいていくことがある」ということです。私にとっては初めての発見でした。たとえ、患者さんのためにしたことでも相手の立場から考えるとそうじゃないかもしれないということを理解し、決して決めつけた考え方はしてはいけないのだと学びました。また、避難訓練も行い、災害時のイメージを実際に感じることができました。

 2日目の午前中は、浦安市運動公園総合体育館でスポーツ健康科学部の先生と学生の方々が企画したレクリエーションで体を動かしました。

 最初は簡単な準備体操の為のダンスから始まり、身体や頭を使ったゲームなどを通して親睦を深めていき、まだ話したことがない人とペアを組んだりすることで、新しい友達も多くつくることができました。

h30_fc1.png

 午後は東京ディズニーシー・ホテルミラコスタでとても美味しい昼食を班の皆と一緒に食べ、その後、先生方と一緒にグループワーク、発表を行いました。テーマは「どのような看護職者を目指すか」、「自分が目指す看護職になるために、大学での4年間をどう過ごすのか」でした。人それぞれ違った理想の看護像や考えを持っている事がわかり、良い刺激を受けることができたと思います。

 最後に、1年後と4年後の自分に手紙を書きました。少し恥ずかしさもありましたが、初心を忘れないでほしいというメッセージを込めながら書いていきました。

h30_fc2.png

 これから4年間、私も含め201人全員が目標達成できるよう日々邁進していきたいと思います!!

1年 A.S

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

最近の記事

カテゴリー

検索

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ