カテゴリー「イベント」の記事

授業紹介(フィジカルアセスメント)

3年生になって、フィジカルアセスメントの授業が始まりました。

これまで学習してきた形態機能、病態生理、基礎看護学等を基盤に、身体の健康状態や異常の有無を、視診、聴診、打診、触診の技術を用いて観察します。この技術を用いる時に、見る・聞く・触る・嗅ぐ・(味わう)の五感を使って観察することが大切な演習です。講義や演習での事例展開を通して、生活行動からみるフィジカルアセスメントの基本技術の習得をしていきます。事前課題を通して確認した内容を、毎回2人組で看護師役、患者役となり、患者の健康状態の正常、異常を観察していきます。

h27fig04.jpg第一回目の演習では、体の機能を保つ恒常性維持のための流通機構である循環系とリンパ系についてのアセスメントと、体がどのようにして外部・内部環境の情報をとらえ、身の安全を図っているのかについてのアセスメントを行いました。第二回目は「見る」、「聞く」、「話す」という手段について、「息をする」に関した呼吸器系のアセスメントを行いました。第三回目は「食べる」に関する口腔・咽頭のアセスメント、問診・視診・聴診・打診・触診を通して腹部のアセスメントと、「動く」に関した関節、筋肉についてのアセスメントを行いました。第四回、五回目では、グループワークで事例展開に取り組みました。患者の症状から、問診内容やアセスメント項目を考えて実施し、健康状態を判断しました。

この演習は、事前に講義で知識の習得をし、理解を深めてから行うので、スムーズに演習に入ることが出来ます。学生同士で相談、確認しながら実施することで、1人では考えつかなかったアイディアや、適切なフィジカルアセスメントの方法を見つけることができます。何組かごとに1人の担当の先生がつき、アドバイスや重要なポイントを丁寧に教えていただけるので、確実に技術を習得していくことができます。そして、演習の最後に記述と技術のテストを行うため、技術の確認や、今後の課題をみつけることができます。毎回、高度な技術で難しいけど、学ぶ楽しさがあり、新しい技術を習得できる演習です。

3年 Y.M

フレッシャーズデイキャンプ

4月19日にフレッシャーズデイキャンプが行われ、医療看護学部1年生205名が楽しく親睦を深めることができました。

午前中は、浦安市運動公園総合体育館でレクリエーションを行いました。楽しい選手宣誓から始まり、スポーツ健康科学部の先輩方のご指導のもと、フラフープなどを使い身体を動かしながらコミュニケーションをとるレクリエーションを行いました。新入生だけでなく先生方とも親睦を深めることができ、とても楽しかったです。

h27fresh01.jpg午後は東京ディズニーシー・ホテルミラコスタに移動し、美味しい昼食を食べて、海外留学についての講演を聞きました。先生方の留学経験の話や、学部卒業生の海外研修に参加した時の話を聞き、看護のキャリアを考えるうえで、視野が広がった気がします。

その後、4年後の自分に向けて手紙を書きました。この手紙は卒業する時にそれぞれの学生の手元に戻ってくるそうです。この手紙を読むとき、自分がどう思うのかを考えつつ、今の素直な気持ちを書きました。4年後に読むのが楽しみです。

h27fresh02.jpg1年 K.U

4年生を送る会

3月19日、卒業式の前日に浦安キャンパスの体育館で4年生を送る会が開かれました。天気があまりよくなかったので、参加者がどの程度集まるのかという不安がありました。しかし4年生、先生方も多数出席していただき活気ある会になりました。

順天堂大学医療看護学部4年生を送る会の様子

会の途中で記念品と一緒に、4年生が入学時に書いた「四年後の自分へ」という手紙が渡されていました。4年生たちは、昔の自分を思い出し懐かしんだり、照れくさく感じたり、自己の4年間の成長をかみしめたりと大変盛り上がりました。

またアドバイザー制度の少人数のグループごとにそれぞれテーブルに分かれ、アドバイザー担当の先生と学生とが一緒に歓談したり、ゲームを行い楽しい時間となりました。

順天堂大学医療看護学部4年生を送る会参加者順天堂大学医療看護学部では、学生が主体となって行われる行事がいくつかありますが、1年度の最後にあるこの4年生を送る会は全学年が関わることのできる最後の行事ですので、4年生にとっても下級生にとっても良い思い出になったのではないかと思います。

3年 R.A.

医学部附属6病院合同就職説明会に参加して

順天堂大学医学部附属6病院合同就職説明会に参加しました。参加するまでは、どこの病院に就職したいのか、何科を希望するかなど就職について全く考えられていませんでした。しかし、この説明会に参加することで考えるよい機会となりました。

各病院の看護部長さんや人事部の方、医療看護部卒業の先輩方から直接話を聞くことで、それぞれの病院の特色や実際の一日の仕事内容、チームナーシング、プライマリーナーシング体制、卒後一年の流れや院内教育などについて詳しく知ることができました。また関心をもった病院には、個別に質問できる機会もあり、より詳細に知ることができました。先輩からの話で印象に残った言葉がありました。それは「自分がどんな看護をしたいのか?ということを考えそれに合った病院を選ぶことで、就職した後もやりがいのある仕事ができる。」でした。

この合同就職説明会では、各病院に様々な強みや特色があるということもわかりました。これからは病院見学会などに積極的に参加してさらに各病院について理解を深め、私自身がどんな看護をしたいのかを見つけようと思いました。

3年 R.A.

医学部附属6病院合同説明会の資料

3月7日に医学部附属6病院合同説明会が浦安キャンパスで行われました。各附属病院の人事部の方々をお迎えし、それぞれの病院の特徴を伺いました。学生達は、真剣な眼差しでメモを取る様子が見受けられました。この説明会を通して、就職に向けて自分がどこの病院で働きたいか真剣に考える良い機会となりました。

大学生活はあっという間で4月からはいよいよ最終学年となります。実習や国試対策の勉強に励みながら、残りの学生生活を存分に楽しみたいと思います。

3年 S.T.

医学部附属6病院合同説明会の様子

第91回東京箱根間往復大学駅伝競走の応援に参加して

 4年前に順天堂(駅伝男子)が箱根駅伝で戦った年から、スポーツ健康科学部、医療看護学部、保健看護学部、医学部の4つの学部が合同で応援隊を結成し、順天堂の箱根駅伝を盛り上げてきました。

 1月2日、3日に行われた箱根駅伝もスポーツ健康科学部の応援団長を筆頭に、芦ノ湖と大手町で応援をしてきました。今年は元旦に雪が降ったこともあり、芦ノ湖では応援場所の雪かきから開始となったとても寒い中での応援でした。
 応援は選手が通過する1時間程前から開始するのですが、選手の足音が近づいてくると、応援もより力が入ります。応援団は気合を入れて声を出し、チアリーダーは順天堂大学の校歌を声を張り上げて歌い、ブラスバンドはひたすら音を出し続けます。 私たちの目の前を一瞬のうちに通過する選手に少しでも声が、歌が、気合いが届くようにと、気持ちを一つにして精いっぱい応援をしました。選手が走りすぎた後も気持ちを届けたいと、お腹の底から声をだし応援を続けました。

20150109-1.jpg

 選手がゴールに向かって走っていく姿を見た後に心に残る感動、もっと応援したい、声援を届けたいという思いがわきあがるのは、スポーツの力だけでなく箱根駅伝を走る選手の仲間に襷を繋げるという強い気持ちが伝わってくるからだと感じました。

 順天堂大学の箱根駅伝での応援隊の活動は今年で4回目と歴史は浅いですが、応援隊を順天堂の伝統のひとつにしていけるよう、練習に励んでいきたいと思います。

20150109-2.jpg

« 前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

最近の記事

カテゴリー

検索

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ