授業紹介(英語)

 本学の英語の授業はレベル別の少人数クラスで実施されます。そのため、自分のレベルにあった授業を受けることができ、少人数制のため授業では絶えず先生と直接関わることができ、効率よく英語力を上げることが期待できると思います。前期と後期にTOEFLの本試験を1回ずつ受験しますが、英語の授業では、主にTOEFLの教材を利用し、TOEFLのスコアアップを目標に勉強をします。英語の教員にはネイティブの方もいるので、日々の生活でも英会話を行うことができます!
 私は、ネイティブの先生の授業を受講しており、授業中の指導・説明は英語で行われて、とても実践的です。分からないことがあればすぐに学生のもとに駆け寄り、丁寧に英語で解説してくださいます。どの先生も気さくな方ばかりで、学生に寄り添った授業をしてくださり、日々楽しく英語を学ぶことができると思います!本学はかなり英語教育に力を入れているので、大変と感じるかもしれませんが英語力を上げるにはとても良い環境だと思います!

1年 K.O

イベント「キャンドルサービス」

 12/16にキャンドルサービスが行われ、私は順天堂医院での活動に参加しました。サンタやトナカイの帽子をかぶり、キャンドルを持って歌を歌いながら、病棟の患者さんへクリスマスカードを配って歩きました。病院に入院していると、家族や友達とケーキを食べたりプレゼント交換をしたりという、クリスマス気分を味わうことはなかなか難しいです。しかし私たちが病室を訪れることで、そのような状況にある多くの患者さんから「丁度カレンダーが欲しかった」「遠くから大変ね、お疲れ様」「もう一度歌って」というような声をかけていただいたり、一緒に歌ったり手拍子をしてくれる方や、たくさんの笑顔と出会うことができて、私たちも楽しみながらキャンドルサービスを行うことができました。病院にいても、日常のささやかな楽しみを感じることはとても大切なことだなと感じ、この貴重な体験をこれからの実習等にも繋げていきたいと思いました。

h28_candle01.pngh28_candle02.png

1年 H.M

公衆衛生看護学実習について

順天堂大学医療看護学部では、看護師だけでなく、保健師・助産師国家試験の受験資格を取得することができます。公衆衛生看護学実習は、保健師国家試験の受験資格取得のために必要です。行政、産業、健康教育の3分野に分かれており、千葉県内の各市町村や保健所、企業、浦安市内の老人クラブなど、地域の様々な施設で行われます。私が公衆衛生看護学実習の中で特に深く学ぶことができたと感じたことは、健康教育についてです。私たちのグループは、浦安市内の老人クラブの会員の方々に対して、「コグニサイズ」と呼ばれる体操の指導を行いました。今回の健康教育では、単に体操の方法を伝えるだけではなく、その体操をその後も続けていってもらえることを目標に行いました。そのためには、体操を行うことで得られるメリットや、日常生活における体操の取り入れ方、体操のバリエーションなどを分かりやすく、簡潔に説明しなくてはならないと指導されました。準備を進めるうちに、「分かりやすく簡潔」な説明を行うためには、健康教育の中で話す内容以上の知識がなければならないということも実感しました。
本番は和気藹々とした雰囲気で参加者の方々と体操に取り組むことができ、健康教育後には参加者の方々から「楽しかった」「これなら毎日続けられそう」などという感想をいただけ、準備したことがしっかりと伝えられた嬉しさを感じることができました。
この実習での学びを、将来、保健師として働いていくうえではもちろん、病院で看護師として働く際も、患者さんに対して様々な指導を行っていく中でいかしていきたいと思いました。

4年 A.Y

2019kenkokyouik.jpg

3年生分野別実習を終えて

 こんにちは!今回は医療看護学部3年生で行う「分野別実習」について紹介します。
 分野別実習とは、人の一生におけるさまざまな年代や身体の状態にある方々や患者さんに対し、それぞれの状況に応じた看護を実際に病院や在宅などの医療の現場で学んでいく実習です。
 それまで座学でも学んでいた看護を、実際に行うということはやはり大変で、毎日受け持ちの患者さんの病態や治療の状況を調べ、その方に本当に必要な看護は何であるかということに、四苦八苦しながら繋げていく日々でした。実習を進めていくにつれ、1年生の時から積み重ねてきた授業の重みと大切さが、改めて身にしみて分かります。毎日の実習の終わりには、看護のあり方について班員と先生でディスカッションするカンファレンスを行い、それは共に悩みながら理解を深め合う大切な場となりました。日々目まぐるしく変化していく状況の中で、仲間と支え合い、学びを進めていくことで、より大きな達成感が得られました。
 今回の実習は実際に長期間患者さんを受け持ち、看護していくのでとても大変でしたが、この実習を通して「自分のやりたい看護とは何か」を深く考えるようになりました。人をどのように捉えるのか、その人に何が本当に必要なのか、看護師として何ができるのか。それは十人十色と言われるように、その答えもさまざまです。患者さんの為にまず自ら考え、そして他の職種と協力しながら的確なケアを発信・実行していく、現場の真剣さとプロフェッショナル精神にとても感動した実習でもありました。

3年 R.T

医療看護研究Ⅰ

 医療看護研究Ⅰは、看護ケアの方法や自分の興味のある事、解決したいと考えている問題などを研究テーマとして挙げて実際に研究計画を立案していく授業です。自分の研究テーマについて、既存の論文から参考となる内容を読みとることや最適な研究方法を考えるなど内容は様々です。また研究テーマが近い人や同じ分野の人ごとにグループ分けされてグループごとに指導教員もつきます。私は特に論文の内容を理解することが難しく苦戦しました。しかし、グループメンバーに相談したり教員による丁寧な指導により成長することができました。自分の研究テーマだけでなくグループメンバーや友人の研究テーマについて話し合うことで今まで自分にはなかった視点を知ることも出来ました。
 研究計画の立案まで実施して、看護において研究がいかに大切なことか理解出来た気がします。現在実施されている看護ケアを学ぶことは基本ですが、それをさらに良い物にしようと考えていくことも看護師としての役割であると分かります。また論文を読むことで自分以外の人が何について、どう考えているか知ることが出来て価値観や見識を広げていくことにも繋がります。
 正直、看護研究と聞いてイメージがわかない人もいると思います。私も入学時はそうでした。しかし、やってみると面白いです。皆さんも看護学生になったら、ぜひ積極的に看護研究について考えてみて下さい。

3年 T.H

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

検索

最近の記事

カテゴリー

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ