日本老年看護学会の生涯学習支援研修にSTAFFとして参加しました

3月20日(日)、順天堂大学浦安キャンパスで行われた日本老年看護学会の研修にSTAFFとして参加しました。

この研修は、「急性期病院の認知症ケア」をテーマにして、認知症高齢者に関わる看護職が対象となっていました。認知症の基礎知識や認知症患者へのアプローチの仕方などについての講義の後は、参加者の方たちがグループワークで白熱したディスカッションを行っており、臨床経験をもとにいろいろなアイディアや工夫が発表されていました。

私は臨地実習の時に認知症患者さんを受け持ったのですが、患者さんにケアを行ったり、コミュニケーションをとるときに難しさを感じたことがありました。グループワークの発表を聞く中で、実際に病院で働いている看護師も認知症患者さんへの関わりに難しさを感じており、様々な工夫をしながら患者さんに看護を行っていることがわかりました。

日本は高齢社会となり、認知症患者さんが増えていくことが予想されているため、これからも認知症のある患者さんに関わる機会が多くあると思います。今回の学びを4年生の臨地実習や卒業後に看護職として就職した時にも生かしていきたいと思いました。

h27_ronen.jpg

3年 I.C、Y.F

6病院合同就職説明会に参加して

私たち3年生を対象に、順天堂大学医学部附属6病院合同就職説明会が行われました。

h27_6byoin01.jpg

はじめに、6つの病院の看護部長さんや人事部の方、卒業生の先輩方からそれぞれの病院の特色や一日の仕事の流れ、新人に対して行われている教育体制についての説明がありました。その後はブースに分かれて病院別にお話を聞くことができました。そこではより詳しく病院についての説明を聞くことができたり、気になっていることを直接病院の方々に質問する時間が設けられていたため、就職先を考えるにあたって決め手となる情報を入手できる良い機会となりました。また、それぞれの病院が入職を予定している私たちに、どのような看護師になってほしいと考えているのかを聞くことができたのが一番印象に残りました。

h27_6byoin02.jpg

私は、今まで勉強や実習のことを考えるのに精一杯で、なかなか就職先について考えられていなかったのですが、今回このようなお話を聞くことで就職について真剣に考えるきっかけとなりました。そして、自分にとって最良の結果を得られるように、今後もさらに国家試験や残りの実習に対して一生懸命頑張ろうと思いました。

3年 H.M

スキー実習に参加して

2月23日から27日にかけて山形県の蔵王温泉スキー場でスキー実習が行われました。
90人弱の学生が参加し、スキーのレベル別にグループを作り、それぞれのグループをスポーツ健康科学部の先生などの指導スタッフが担当して下さいました。初心者もたくさんいましたが、ブーツの履き方から教わり、5日目には標高1000メートル以上のコースも滑れるようになっていました。本格的な指導を受け、上級者も初心者も上達することが出来たと思います。

h27_ski01.jpg5日間とも天気に恵まれ、リフトの上や滑りながら見る景色はとても感動的でした。蔵王は、国民的アイドルが番組で訪れたこともあるように樹氷が有名です。残念ながら今回は、あまり見ることができませんでしたが、時期によっては山頂から樹氷を見ながら滑ることも出来ます。
 そして、短い期間でしたが、スポーツや日常生活を共にすることで、新たに沢山の友達を作ることもでき、仲間からの励ましによる喜びや、一緒に頑張ったことで共有できる達成感などを感じ、これからの学生生活もますます楽しみになりました。

h27_ski02.jpgなかなかハードな5日間のスキー実習でしたが、参加できてとても満足しています。 興味のある人はぜひ参加してほしいと思います。

1年 C.A

授業報告(医療看護研究Ⅰ)

3年次後期には医療看護研究Ⅰの授業があります。この授業では自分で研究のテーマを決めて、テーマに基づいた各専門分野の教員の指導を受け研究計画書を作成していきます。テーマを自ら決めることで興味を持って取り組めること、開講時期が3年次後期の実習後の為、実習での学びが活かせ、比較的授業数が少ない時期に約2か月をかけて行うため、皆集中して看護研究の計画に取り組めました。同じ分野に興味関心のある学生が集まり、一人の教員が3~5人の学生を担当する少人数制のため、知識の共有や意見交換、ディスカッションも盛んに行われました。自分だけでは気付かなかった点に気づけたことや、とても手厚い指導を受けることで、研究計画書を作成することができました。

私は、以前から興味のあった学校保健を研究テーマとして選び、「養護教諭が一般教諭の連携・協働をする際の現状と課題」についての研究計画を考えました。養護教諭と一般教諭との連携・協働の大切さについては先行研究や教科書でも明らかにされていましたが、困難や工夫については、明らかになっていなかったからです。今回、研究計画書を作成する過程で一番大変だと感じたことは、研究に適した研究方法を選択する必要があるということと、分析方法の決定です。教員の指導や3年次前期の「看護研究の原理と方法」で学んだことを活かし、私の研究内容では質的研究が適しているということを考えることができました。そしてインタビュー調査で行うこととし、分析方法についての書籍やインタビュー調査を行っている文献を読み、分析方法を決定していきました。

この授業を通して、研究計画書をしっかりと作成することが、実際に研究を行う時に活きてくるということも学ぶことができました。4年次に開講される「医療看護研究Ⅱ」では、今回作成した研究計画書に基づいて実際の研究を行うことができます。選択科目ですがこの授業で時間をかけて立案した研究計画を実施することができるので、履修したいと考える学生も多いと思います。

h27_kenkyu.jpg

3年 N.F

国家試験対策

私たちの大学では、国家試験へ向けて、3年生の前期に国家試験対策委員の先生方よりガイダンスを受けます。4年生になると、実習を行いながらそれぞれ受験準備を始め、夏休み明けの9月より、本格的に模擬試験や各教科で行われる国家試験対策特別補講、アドバイザーの先生による個別指導を受け、国家試験への準備を進めていきます。

現在、私たち4年生はいよいよ国家試験当日まで2ヶ月をきり、各生徒が「国家試験合格」に向けた準備の仕上げの段階に入りつつあります。図書館や演習室で集まって勉強をしたり、自宅などで勉強したりとそれぞれ勉強方法は様々ですが、全員が高い意識を持ち、お互いに切磋琢磨している姿が見られ、私自身も「もっと頑張ろう」と思えます。

また、昨年の私たちの先輩は、看護師・保健師・助産師全ての国家試験の合格率が100%でした。今年も同様に100%合格ができるよう、4年生全員で取り組んでいます。個々の努力が実を結び、お世話になった先生方や現在大学に通っている後輩、今年入学する新入生、順天堂の受験を目標としている人たちに、最高の結果を報告できるよう4年生一同頑張ります。

h27_kokka01.jpg

4年K.K.

« 前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

最近の記事

カテゴリー

検索

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ