授業紹介(フィジカルアセスメント)

3年生になって、フィジカルアセスメントの授業が始まりました。

これまで学習してきた形態機能、病態生理、基礎看護学等を基盤に、身体の健康状態や異常の有無を、視診、聴診、打診、触診の技術を用いて観察します。この技術を用いる時に、見る・聞く・触る・嗅ぐ・(味わう)の五感を使って観察することが大切な演習です。講義や演習での事例展開を通して、生活行動からみるフィジカルアセスメントの基本技術の習得をしていきます。事前課題を通して確認した内容を、毎回2人組で看護師役、患者役となり、患者の健康状態の正常、異常を観察していきます。

h27fig04.jpg第一回目の演習では、体の機能を保つ恒常性維持のための流通機構である循環系とリンパ系についてのアセスメントと、体がどのようにして外部・内部環境の情報をとらえ、身の安全を図っているのかについてのアセスメントを行いました。第二回目は「見る」、「聞く」、「話す」という手段について、「息をする」に関した呼吸器系のアセスメントを行いました。第三回目は「食べる」に関する口腔・咽頭のアセスメント、問診・視診・聴診・打診・触診を通して腹部のアセスメントと、「動く」に関した関節、筋肉についてのアセスメントを行いました。第四回、五回目では、グループワークで事例展開に取り組みました。患者の症状から、問診内容やアセスメント項目を考えて実施し、健康状態を判断しました。

この演習は、事前に講義で知識の習得をし、理解を深めてから行うので、スムーズに演習に入ることが出来ます。学生同士で相談、確認しながら実施することで、1人では考えつかなかったアイディアや、適切なフィジカルアセスメントの方法を見つけることができます。何組かごとに1人の担当の先生がつき、アドバイスや重要なポイントを丁寧に教えていただけるので、確実に技術を習得していくことができます。そして、演習の最後に記述と技術のテストを行うため、技術の確認や、今後の課題をみつけることができます。毎回、高度な技術で難しいけど、学ぶ楽しさがあり、新しい技術を習得できる演習です。

3年 Y.M

顕微鏡・解剖学実習

5月27日に、医療看護学部一年生全員で、本郷・お茶の水キャンパスに行き、顕微鏡実習と解剖実習を行いました。

顕微鏡実習では、今まで教科書でしか見たことが無かった細胞の標本に興奮を覚えつつ、黙々とスケッチをしました。それぞれの部位ごとに特徴があり、最初は同じ細胞でも分化することでこんなにも違うものかと、改めて感じこれからの勉強に対する意欲も湧いてきました。

顕微鏡・解剖学実習

さらに、解剖実習では身体の中の仕組みを詳しく見る機会をいただきました。今まで教科書でしか見たことがない身体の部位に、最初は戸惑いや不安もありましたが、自分の身体の仕組みについての理解と驚きが生まれ、このような経験は貴重なのでたくさん質問して理解を深めようと努めました。

顕微鏡・解剖学実習

これから、身体のこと、看護のことをたくさん学んでいきますが、一年生の今の時期に貴重な経験をさせていただき、より意欲的に取り組んでいくことが出来るようになると思っています。また、病院の雰囲気を直に感じることが出来たことで四年後の自分がどのように医療に関わっていきたいか、考えさせられる部分が多くありました。本当に充実した顕微鏡実習、解剖実習でした。

一年 I .C

新入生歓迎会に参加して

4月18日に浦安キャンパス体育館で新入生歓迎会が行われました。

乾杯の後、学年関係なく新入生を迎えて仲良く会食している姿が多くみられました。乾杯と会食の後は、グループ対決のゲームが行われました。各チーム協力しながら参加することで交流が深まり、すごく楽しんでいる様子が伝わってきました。

歓迎会の最後は、それぞれの部活紹介が行われました。活動の成果を発表する部活や芸を披露し笑いをとって注目を集める部活など多種多様で部活動を選ぶ参考になったと思います。

新入生歓迎会に参加して、1年生はまた少し大学に慣れることができたと同時に、私たち在校生にとっても新しいキャンパスの仲間が増えたんだなと感じる一日となりました。

平成27年度 新入生歓迎会

h27kangei02.jpg

2年 N.A

フレッシャーズデイキャンプ

4月19日にフレッシャーズデイキャンプが行われ、医療看護学部1年生205名が楽しく親睦を深めることができました。

午前中は、浦安市運動公園総合体育館でレクリエーションを行いました。楽しい選手宣誓から始まり、スポーツ健康科学部の先輩方のご指導のもと、フラフープなどを使い身体を動かしながらコミュニケーションをとるレクリエーションを行いました。新入生だけでなく先生方とも親睦を深めることができ、とても楽しかったです。

h27fresh01.jpg午後は東京ディズニーシー・ホテルミラコスタに移動し、美味しい昼食を食べて、海外留学についての講演を聞きました。先生方の留学経験の話や、学部卒業生の海外研修に参加した時の話を聞き、看護のキャリアを考えるうえで、視野が広がった気がします。

その後、4年後の自分に向けて手紙を書きました。この手紙は卒業する時にそれぞれの学生の手元に戻ってくるそうです。この手紙を読むとき、自分がどう思うのかを考えつつ、今の素直な気持ちを書きました。4年後に読むのが楽しみです。

h27fresh02.jpg1年 K.U

4年生を送る会

3月19日、卒業式の前日に浦安キャンパスの体育館で4年生を送る会が開かれました。天気があまりよくなかったので、参加者がどの程度集まるのかという不安がありました。しかし4年生、先生方も多数出席していただき活気ある会になりました。

順天堂大学医療看護学部4年生を送る会の様子

会の途中で記念品と一緒に、4年生が入学時に書いた「四年後の自分へ」という手紙が渡されていました。4年生たちは、昔の自分を思い出し懐かしんだり、照れくさく感じたり、自己の4年間の成長をかみしめたりと大変盛り上がりました。

またアドバイザー制度の少人数のグループごとにそれぞれテーブルに分かれ、アドバイザー担当の先生と学生とが一緒に歓談したり、ゲームを行い楽しい時間となりました。

順天堂大学医療看護学部4年生を送る会参加者順天堂大学医療看護学部では、学生が主体となって行われる行事がいくつかありますが、1年度の最後にあるこの4年生を送る会は全学年が関わることのできる最後の行事ですので、4年生にとっても下級生にとっても良い思い出になったのではないかと思います。

3年 R.A.

« 前の5件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

最近の記事

カテゴリー

検索

お気に入りリンク

浦安関連

順天堂関連

月別アーカイブ